「5万円のSA22Cが超絶進化!」FD3Sすらカモる速さを手にしたサーキット仕様

公開日 : 2020/07/25 05:30 最終更新日 : 2020/07/25 05:30


FC3Sパーツを多数流用し戦闘力を大幅アップ!

 

430psが炸裂するサーキットスペックのSA22C!

 

SA22Cを後輩から5万円で譲ってもらったところからスタートしたというオーナーのRX-7ライフ。以来、20年以上メンテナンスとチューニングを続け、現在の仕様まで辿り着いたそうだ。

 

 

 

搭載されるエンジンは、埼玉県の“トップフューエルレーシング”で製作されたサイドポート拡大仕様の13B-T。アペックスシールは2ピース改3ピースで、表面にDLC加工が施されている。

 

 

組み合わされるタービンはTD07S-25Gで、最大ブースト圧1.1キロをかけて430ps/46kgmを発揮。制御はFC3S純正コンピュータとF-CON Vプロによるものだ。

 

 

ハイパワーを得るために補器類もアップデート。ブローに直結することもある燃料系は、コレクタータンク&大容量燃料ポンプを追加して対応する。

 

 

高回転で失火を懸念して、点火系はFD3S用のイグナイター&コイルを流用している。

 

 

足回りは、スーパーナウ製パーツを使ってFC3S用ハブやブレーキを移植。サスペンションもFC3S用のオーリンズ(F8kg/mm R4.5kg/mm)を組む。アーム類もほぼピロの調整式だ。ミッションは強度に優れるFC3Sの5速、4.4ファイナルと組み合わせることで筑波サーキットを3速&4速だけで走りきれるほどのフレキシブルさを実現している。

 

 

ホイールはSSRのRS-8を16インチ&17インチと前後異径でセット。タイヤにはアドバンA050(F225/45-16 R255/40-17)を組み合わせる。

 

 

 

追加メーター類が所狭しと並ぶ室内。純正のタコ&スピードメーターは、それぞれ1万1000rpm&240km/hまで表示できるように加工されているが、最高速アタックで軽く260km/hオーバーをマークするこのSA22Cにはこれでもスケールが足りない状態だ。

 

 

ボルト留めではなく、ボディ側にボックスを製作して溶接留めするというレーシングカー同様の手法が取られた11点式ロールケージ。古いクルマだけに、ボディ補強の恩恵は現行車以上に大きく感じられるという。

 

 

インパクト抜群のワークスフェンダーや巨大なGTウイングが、只者ならぬ雰囲気を醸し出すエクステリア。どれも全開走行する上で欠かすことのできない機能装備だ。

 

 

こうして完成したSA22Cは、オーナードライブでありながら筑波サーキットで1分2秒台をマーク。そう、このロータリーチューンドは、ベースは古くてもFD3Sと真っ向勝負できるほどの性能を秘めているのである。(OPTION2誌2012年8月号より抜粋)

 

●取材協力:トップフューエルレーシング 埼玉県越谷市東町5-209 TEL:048-935-1913

 

【関連リンク】

トップフューエルレーシング

http://www.topfuel.jp/