「フルチューンRB26による8秒台の戦い」第二世代GT-Rのドラッグレース名場面!【V-OPT】

公開日 : 2020/07/24 11:00 最終更新日 : 2020/07/24 11:00


【臨時増刊】GT-R歴代名場面集~ドラッグレース~

 

 

第二世代GT-Rのパワーチューンが激化した2000年代初頭、速さを証明するための舞台として人気を集めたのが仙台ハイランドレースウェイだ。今回は、1000馬力オーバーのフルチューンRB26を従えて400メートルに挑み続けた第二世代GT-R達を紹介していく。

 

 

当時、GT-Rクラスの王者として君臨していたのは川崎哲哉選手が駆るHKSドラッグGT-R。そこに真っ向勝負を仕掛けたのが、屈指のゼロヨンチューナー“林とっくり”率いるガレージザウルスだ。ドラッグRの頂点をかけた熱き戦い、その全てをお届けしていく!