「迫力はニスモZチューン以上か!」R34スカイライン全モデル対応の革新的ワイドフェンダーが登場

公開日 : 2020/07/22 11:00 最終更新日 : 2020/07/22 13:38


GT-R、クーペ、セダンを問わず全てのR34に対応!

 

これまでの社外フェンダーのデメリットを解決する製品が登場

 

R34の4ドアGT-R製作で知られる名店“オオクボファクトリー”から、新作のワイドフェンダーが発売された。「全てのR34スカイラインに対応する」というテーマで開発されたこの製品、これまでのR34用社外フェンダーの常識を打ち破る画期的なアイテムだったりする。

 

 

ワイド幅は、Z-tuneフェンダーで+10mm、ER34純正フェンダーで+50mm。さらに、大径ホイールとの組み合わせを想定してアーチ部は5mmアップという仕様だ。

 

 

エアアウトレットの角部分も、Z-tuneフェンダーより若干大きめのサイズを採用。ボンネットとの一体感を強めるラインでデザインされており、フロントフェイスの存在感を強める役割も果たしている。

 

 

フェンダー下部のデザインはBNR34のマッドガードに合わせつつ、ER34のサイドシルにもマッチングするように設計。もちろん、他メーカーのサイドステップとの組み合わせも考慮され、サイドステップ側を一部カットするだけで大半の製品は装着が可能となっている。

 

 

また、強烈なワイド仕様のため、そのままではフロントバンパーとフェンダーの接合箇所に大きな段差が生まれてしまう。そこで用意されたのが、バンパーエクステンションだ。

 

 

このバンパーエクステンション側を調整(カットやFRP加工)することで、純正はもちろん社外のフロントバンパーとのマッチングが可能になるのである。

 

 

ちなみに、青のサンプル車両はC-WESTのフロントバンパーを装着しているが、バンパーエクステンションを装着することで自然な仕上がりとなっていることが分かるだろう。

 

 

さらに、このバンパーエクステンションの狙いはもう一つ。R34で極端なシャコタンやホイール&タイヤの大径化を狙っていくと、フロントタイヤとのクリアランスが最も厳しくなるのはバンパーサイドのフェンダー固定部。このバンパーエクステンションは、その部分を外側にオフセットさせる役割もあるため、ホイールやタイヤの選択肢を大きく広げてくれるのだ。

 

 

拘りはインナーフェンダーにも及ぶ。純正のインナーフェンダーでは幅が足りなくなるため、専用のインナーを一体設計(※サンプル車両はインナーケブラーバージョン)。純正インナーはサンプル車両のようにカットして再利用することが望ましいが、ローダウン時にも擦りにくいよう、ギリギリまで上に寄せた形状が取られているので安心だ。

 

 

気になる価格は、FRPバージョンが9万8000円、インナーケブラーバージョンが11万8000円となる。なお、現在オオクボファクトリーでは発売を記念し、本体+送料込みで10万円(税込)ポッキリというキャンペーン(限定20台)を開催中だから、購入を考えているユーザーは急ぐべし!

 

●問い合わせ:オオクボファクトリー 愛知県稲沢市赤池東山町100 TEL:0587-84-3434

 

【関連リンク】

オオクボファクトリー

https://okubofactory.com