「S660エアロチューンの決定版」空気を味方につける老舗のエボリューションモデル

公開日 : 2020/07/11 11:00 最終更新日 : 2020/07/11 11:00


迫力を増したグランドエフェクトデザイン

 

最新ホンダスポーツに触発され、正常進化を果たしたタイプ2

 

「より良い製品をより高いクオリティで」を基本コンセプトにする“ガレージ・ベリー”。長年に渡って開発から生産までの一貫体制を敷き、エアロパーツを提供し続けてきた老舗だ。

 

 

そんな同社から新たにリリースされたのが、ホンダS660用のタイプ2エアロパーツ。そのネーミングが示す通り、フルバンパータイプの第2弾となるものだ。

 

 

タイプ2のコンセプトは、クラス唯一のミッドシップマシンに相応しいスポーティさ。フロントセクションはグリル一体式のタイプ2バンパー(7万円)にレーシーなリップスポイラー(FRP:2万3000円/カーボン:3万5000円)をセット。5連LEDのデイライトはオプション設定(3万円)となる。

 

 

タイプ2フロントバンパーの意匠にベストマッチな前後フェンダー(フロント:7万円/リヤ:10万円)も用意。空気の出入りを視覚化できるダイナミックなデザインにより、保安基準適合範囲内の片側9mmワイドとは思えない迫力を獲得することに成功したガレージ・ベリーの自信作だ。

 

 

サイドステップも新たに開発(FRP:4万5000円/カーボン:10万円)。前後のボリュームバランスを整えつつ、のっぺりとしたサイドビューに抑揚のあるアクセントを加えている。

 

 

リヤバンパーはノーマルながら、オリジナルディフューザー(5万円)と専用マフラー(8万2000円)によりフロントに負けない個性を演出。専用マフラーパネル(1万8000円)との組み合わせで完璧なフィッティングを見せる。

 

 

ダックテールタイプのスポイラー(1万9800円)も、タイプ2のスタイルをまとめ上げる上で欠かせないパーツのひとつだ。

 

 

なお、デモカーは同社のロングセラーヒット製品であるハードトップ(FRP6万円/表カーボン&裏FRP:12万円/フルカーボン:18万円)も装備。車体装着部分は純正のロールトップから移植する構造とし、コストを極限まで削った逸品だ。

 

 

室内には3つの60φメーターを美しくマウントできるメーターフード(2万円〜)もセット。美しさはもとより、ドライバー側にオフセットしているため視認性も抜群だ。

 

 

ホイールには17インチのワークリザルタードメッシュ2(F7J+25 R7.5J+8)を組み込み、スピリット製のスペックN+車高調で適度にローダウン。トータルフォルムに磨きをかけている。

 

 

聞けばこのタイプ2エアロの開発にあたり、デザイナーが注目したのはシビックタイプRをはじめとした最新ホンダスポーツモデルのエッセンス。

 

それを踏まえてタイプ2のスタイルを改めて見てみると、マイナーチェンジモデル以上の完成度ではないか。S660の大きく正常進化させたかのようなスタイルは、また多くのユーザーの心を捉えるはずだ。

 

●取材協力:ガレージ・ベリー TEL:048-469-1708

 

【関連リンク】

ガレージ・ベリー

https://vary.co.jp