「400台限定のS207でここまでやるとは・・・」本格ターボチューンでパワー増強!

公開日 : 2020/07/06 05:30 最終更新日 : 2020/07/06 05:30

HKS GTIII-RSタービンで中間トルクを徹底強化!

 

限定車S207をベースに仕上げたタービン交換仕様

 

世にも珍しい、スバルWRX STIベースの限定車“S207”をベースにした本格チューンドの登場だ。手がけたのはスバルチューンの名手“カーステーションマルシェ”。

 

 

S207は、STIの血が注がれた400台限定のスペシャルチューニングモデルなのだが、オーナーは「中間域のトルクがもっと欲しい」と、マルシェにチューニングを依頼したという。

 

 

そんなオーダーに応えるべく、マルシェが用意したチューニングプランはHKSのGTIII-RSタービンを軸にしたものだった。

 

 

タービン交換と聞くと、敷居が高いメニューと感じる人も多いと思うが、HKSのGTIII-RSキット(29万8000円)は純正EXマニを使用するポン付けモデル。それゆえ、コストパフォーマンスにも優れる。仮に燃料系がノーマルのままだったとしても350psオーバーは狙えるため、ブーストアップとは比にならないほどの加速力が手に入る。

 

 

この車両は完全ノーマル状態のEJ20にGTIII-RSタービンをセットし、マルシェ独自の緻密なECUチューニングを組み合わせる事で388ps/56.2kgmまでスペックを向上させている。

 

 

エキソーストには、ターボ車の定番モデルといえるHKSのスーパーターボマフラーTiをセット。高い静粛性を実現しながらタービン交換にも対応した容量を持つ車検対応スペックだ。

 

 

ベースまで含めて非常にレアなチューンドだが、高速周回路で行なったテストでは5速6400rpmで最高速255.59km/hをマーク。

 

アタッカーを務めた稲田大二郎は「ギヤ比とパワーの兼ね合いでこれ以上最高速は伸びないけど、加速力は段違いだよ」とコメント。実際0-180km/hのタイムは15秒24で、標準のWRX STIが19秒38であることを考えると、トルクアップがかなりの効果を発揮していることが分かる。

 

 

「実際に運転してみると、数値以上にパワー感がハンパじゃないです。全域でトルクもモリモリですから長距離の運転も楽になりました!」とはオーナー。

 

ここから燃料ポンプやインジェクターを交換すれば、安心して400psを堪能できる仕様に導ける発展性まで秘めたチューンドS207。EJ20に精通するマルシェの効果的なアプローチが光る1台だ。

 

●問い合わせ:カーステーションマルシェ 群馬県前橋市亀里町1224 TEL:027-265-6789

 

【関連リンク】

カーステーションマルシェ

www.cs-marche.com