「このアルテッツァジータは過激すぎ!」GTスーパーチャージャーとNOSで400馬力オーバー!

公開日 : 2020/07/01 06:30 最終更新日 : 2020/07/01 06:30

純正比183馬力アップを達成したアルテッツァジータ

 

スーパーチャージャーとNOSのハイブリッド過給!

 

このアルテッツァジータ(JCE10)は街乗りメインということもあり、オーナーは低回転域からのスムーズな加速を求めてスーパーチャージャーの装着を岩手県のチューニングショップ“ステイ”に相談。そこで代表の工藤さんは「それなら遠心式が一番!」と、HKSが展開するVQ35DE用GTスーパーチャージャーキットの流用に着手した。

 

 

現在もHKSには2JZ-GE用キットの設定はないが、アルミブラケットをワンオフ製作した他、キット構成パーツの9割に加工を加えて装着。VQ35DEと2JZ-GEではプーリーベルトの幅が異なるという厄介な問題にも直面したが、ワンオフのクランクプーリーを製作することで解決している。

 

 

ちなみにスーパーチャージャーのプーリー比は1.6で、レブリミットの7000rpm時にインペラーは約11万rpmまで上昇。最大ブースト圧はリリーフバルブで0.7キロに制御されている。

 

 

インタークーラーはZ33用キット付属のものをパイピング加工して取り付け。トラクションオイルクーラーは、ATFクーラーとのセットでバンパー内に収められている。なお、黒く塗装してあるのは、オーナーが地味めのルックスが好みだからとか。

 

 

また、このジータは元々NOSを装着していたこともあり、オーナーの希望でGTS7040と組み合わせることに。このNOSはシングルノズルのウエットショットで、50ps以上のエクストラパワーを手にする事が可能なシステムだ。

 

 

噴射制御はテクニカルショップアンフィニのNCSで行っており、アクセル開度90%以上、エンジン回転数3000〜6500rpm、車速10km/h以上という条件が設けられている。基本的に、サーキット走行時のみ使用するドーピングアイテムだ。

 

 

エンジンマネージメントはF-CON Vプロが担う。インテークパイプには純正エアフロが埋め込まれているが、これはデータ取り用で、制御はDジェトロ式に変更済みだ。燃料系はサードの550ccインジェクターと265L/hポンプを使う。

 

 

こうしたチューニングの結果、最大ブースト圧0.7キロ時に320ps/39.2kgmもの出力をGET。NOS噴射時はさらに87.2ps/15.8kgmを上乗せし、407ps/54.9kgmに到達する。

 

スポーツカー顔負けの加速性能を有するチューンドでありながら、ドライブ時でもギクシャクしない快適な乗り味に、オーナーも大満足しているそうだ。

 

●取材協力:ステイ自動車整備センター 岩手県八幡平市大更第2地割266-3 TEL:0195-76-4044

 

【関連リンク】

ステイ自動車整備センター

http://www.stayh.com