「3ローターNAペリが吠える!」プライベーター製作の超高回転型FC3S【OPTION back number】

公開日 : 2020/06/25 06:30 最終更新日 : 2020/06/25 06:30


DIYチューニングでドラッグレースを楽しみ尽くす!

 

プライベーターが辿り着いた20B改ハイコンプNA仕様

 

グリーンシグナルと共に、1万rpmオーバーまで回る3ロータリーペリの官能的サウンドを響かせながら駆け抜けていくFC3S。

 

このド派手なRX-7のオーナーは、自動車整備関係の会社に勤めながら、20年以上ロータリーマシンでゼロヨンを楽しんできたベテランプライベーター。時には茨城県のショップ“ラジカル”や“カーブティック”の協力を得ながら、趣味としてこのFC3Sをイジり、そして走らせているのだ。

 

 

これまで様々なロータリーチューンドを乗り継いできたオーナーだったが、このFC3Sをゲットしたことを機に、憧れ続けていたという3ローターエンジンを製作。20Bエンジンの吸気側をペリフェラルポート化し、FC3S輸出NA仕様の高圧縮ローター(9.7:1)を組み込んでいる。

 

最高出力は450ps、9500rpmシフトを基本としているがスタート時は1万rpmオーバーまで回すことも少なくないという。ちなみにレブリミットは1万1000rpmの設定だ。

 

 

吸気系は、ファンネルむき出しの多連スロットル仕様。ウェーバー48φダウンドラフトキャブレターを半分に切断し、もうひとつのキャブレターと溶接して繋ぎ合わせることで、3ポートに対応させている。口径も51φに拡大済みだ。インマニは純正が内径50φなのに対して、60φでワンオフ製作している。

 

一方のエキゾースト側は、ハウジングのカラーを外して排気ポートを60φに拡大。EXマニも60φで取り出し、50φに変換する等長タイプのワンオフ品としている。

 

 

元々ストリート仕様として製作したため、ミッションなどの位置が変わらない(13Bと同等の位置)ように20Bを搭載。マウントやオイルパンはワンオフだ。

 

 

超高回転仕様のロータリーエンジンにとって、点火系強化は必須メニュー。和光テクニカルのLA-700FXとルーメニション製赤外線センサーを使用して同時点火方式に変更した上で、L型エンジン用のイグニッションコイルやKOEIのCDIで強化を図っている。

 

 

エキゾーストは、中間トルクとサウンド面が優れていてインパクトも抜群の70φサイド出しを装備。リヤエンドからテールが出る抜け重視のストレートマフラーも所有しており、気分で使い分けているそうだ。

 

 

フージャーのクイックタイムプロを履き、サスペンションにはラジカルの代表が自分のFC3Sで使用していたというアペックスのドラッグダンパーを装備する。

 

現在はスタートでストールしないことを優先させているが、エア圧や減衰力などを煮詰めれば、まだまだタイムアップを狙えそうとのこと。ミッションはHKSのHパターンドグ、ファイナルはボンゴ用の4.88:1を流用している。

 

 

室内はドラッグ仕様ならではの仕上がり。オートメーターのタコメーター、水温、油温、油圧、燃圧計と、わずかなスイッチ類が配置されたシンプルなダッシュボードはオーナーの自作だ。助手席の足元には、LA-700FXとKOEI・CDIが置かれている。

 

 

ヘルメットやボディのカスタムペイントは、茨城県土浦市のボディショップ“サンライト”に依頼したもの。「ファイヤーパターンにしたいということだけ伝えて、後はお任せで塗っていただきました。見た目のインパクトも大事なので!」とはオーナー。

 

取材時のベストは11秒078(仙台ハイランド)。官能的な3ローターNAと共に、10秒入りを目指した孤高の戦いは続く。(OPTION2誌2012年10月号より抜粋)