「Z33走行会仕様はかくあるべし!」サーキット連続周回を楽しむためのメソッド

公開日 : 2020/06/23 11:00 最終更新日 : 2020/06/23 11:00


扱いやすさとローリスクを実現する独自のセッティング術

 

サーキットでも安定して走れるオールラウンド仕様

 

ストリートを主体に、スポーツ走行もカバーできるオールラウンダーとして正常進化を続けるオリジナルレーシングのZ33。

 

街乗りでの乗り心地とサーキットでのスポーツ性という相反する要件をバランスさせるべく、数多くのパーツをテストし、必要であれば製品化も行いながら熟成度を高めてきた。

 

 

 

セットアップと煮詰めに多くの時間と手間を費やしたのは足回り。スピリット製ダンパーとハイパコスプリングで構成されるオリジナル車高調を企画し、しなやかで高い接地性を備えた脚へとアレンジしている。

 

スプリングレートはオールラウンド仕様としてフロント18kg/mm、リヤ16kg/mmを推奨レートとするが、希望レートをオーダーすることも可能。アッパーマウントは異音や衝撃を吸収する強化ゴム仕様となっている。

 

 

サスペンションブッシュは純正のままテストを行なっていたが、経年劣化が進む個体も増えてきたためフルピロ化に踏み切り、データを蓄積。現状、自由度が広がって脚がよく動くようになり、乗り心地の悪化もそれほど気にならないという。

 

 

一方の心臓部(VQ35DE)は、コスワースのピストンや東名パワードのコンロッドを投入して、ハイコンプ化と強度アップを実現。さらに吸排気環境を最適化し、オリジナルの『IQ ROM』を組み合わせる事で350psを発生させている。

 

 

吸排気チューンのキモとなるのが、オリジナルのEXマニだ。スペース的に許容できる最大限のパイプ径として48φを選出。パイプ径の拡大とECUのリセッティングで、中間域で発生するパワーやトルクの谷を緩和し、高回転域での伸びを演出する。

 

 

冷却系チューンも徹底。というのも、VQ35DEは水温のヒート傾向が強く、サーキットでは周回を重ねるごとにパワーダウンしていくほどなのだ。

 

その対策として、水冷式オイルクーラーが一体となったオリジナルアルミ2層式ラジエターを投入。冬であれば水温は90度前後、油温は110度前後で安定するそうだ。

 

 

デフについても、ゴム製の純正デフマウントはマフラーの熱による劣化が顕著で、異音や振動、ガタの原因となりやすい。そのため、2点支持のフロント側はアルミのカラーでロックして固定。リヤ側はアルミ製に交換する。フロントのフルリジッド化も試したが、車内の騒音が耐えられないレベルだったそうな。

 

 

さらにデフの油量を増大させるツールとして、大容量デフカバーを導入。1.4Lしか入らない純正に対し、0.7〜0.8Lほど容量が増える。放熱性を高めるフィンも搭載されており、30分の走行枠程度なら安定して走り続けることができるという。

 

ちなみに、デフオイルクーラーは構成部品点数が多く、トラブルの原因になりかねないため装備されていない。

 

 

ブレーキはフロントがエンドレス6ポットキャリパー+370mmローター、リヤが4ポット+340mmローターの構成。純正でブレンボが装備されるZ33だが、タイヤのハイグリップ化に合わせてブレーキのキャパも拡大していくべきというのがオリジナルレーシングの考えだ。

 

 

ホイールはワークのM.C.OレーシングタイプCSを装備。サイズは前後ともに10.5J+20×18インチというサイズをスペーサー無しで履く。

 

 

エアロパーツも機能性を重視し、アミューズ・コーポレーションのスーパーレジェーラ改にASMダクト付きボンネットを組み合わる。

 

ネガな部分を洗い出しながら、Z33のトータルパフォーマンスを高めていく。これらは、岡山国際サーキットや鈴鹿サーキットなどで代表の江見さん自らが走り込みながら完成させた、独自のメソッドに他ならない。

 

●取材協力:オリジナルレーシング 兵庫県姫路市別所町別所1876 TEL:0792-53-2678