「挑発的なV35スカイライン極低スタイル!」ボディ加工一切無しの純ベタ仕様

公開日 : 2020/06/07 11:00 最終更新日 : 2020/06/07 11:00


ツラウチセッティングとエアロレス仕様がポイント!

 

普段使いも可能な範囲で圧倒的なローフォルムを実現!

 
USカスタムに強い拘りを持つ広島県のプライムガレージが、「ストリートで使える低さの限界」を追求して製作したV35スカイラインの登場だ。

 

V35型の足回りはZ33型フェアレディZと共通のため、パーツの選択肢が非常に広い。さらにタイヤハウスの懐も深いため、カスタマイズベースとしてのポテンシャルは非常に高いのだ。早速メイキングを見ていこう。

 

 

 

まずフロントから。基本的にV35は車高を下げていくに従って、ナチュラルなネガティブキャンバーが強まっていく傾向にある。それだけに、ノーマルフェンダーでワイドリムホイールを履くだけでは物足りない。

 

 

そこで、キャンバー角の調整を可能にし、フェンダーとタイヤ&ホイールが干渉しないギリギリのラインを攻められるよう、メーガンレーシングのアッパーアームを導入。

 

アームロック(アームがフレームに干渉して機能しなくなる状態)しないギリギリの車高を導き出した上で、タイヤハウス内にタイヤを収めることができるキャンバー角(ネガ5度)としている。

 

 

ボディ叩きなどの加工は一切無し。強いて言うならば、車高下げるとタイヤに干渉するバンパーとフェンダー接合部の突起がカットされているが、加工という加工はその一点のみだ。

 

 

V35の美点である美しいフェンダーラインを崩さないように、ノーマルフェンダーであることに拘る。その一方で、ツラウチでセッティングを追求するため、前後ともフェンダーはミミ折り加工が施される。

 

 

一方のリヤは、ロワアーム、キャンバーアーム、トラクションロッドをメーガンレーシングの調整式に変更。本来、V35のリヤはトーしか調整できないが、トーやキャンバーが総合的に調整できるようになるメリットは非常に大きいのだ。キャンバー角はネガ6度に設定している。

 

 

ちなみに、V35はダンパーとスプリングが分離した構造で、純正ロワアームがリヤスプリングを受ける役割を担っている。そのため、メーガンレーシングの調整式ロワアームを導入する場合は、リヤも一般的なコイルオーバーの車高調を投入する必要がある。

 

 

この車両は、アームと同じメーガンレーシング製のストリートR車高調(F14kg/mm R12kg/mm)を導入して、コイルオーバー化を果たしている。

 

 
ホイールはアドヴェンタスAVS-3(10.5J×20+15)で、タイヤにはレクサーニLX-SIX(245/35-20)をセット。スペーサーは前後15mmだ。
 

 

今回のセッティングくらいなら、ノーマルマフラーでも干渉などのリスクを気にせず日常的に使えるとのこと。ただし、これ以上の低車高を追求していくのであれば、メインパイプ径を細くしたり、アッパーアーム周辺をカットしたりするなど、大幅なシャコタン対策が必要になる。

 

 

一見するとシンプルなV35だが、その実は、車高設定からアームの選定、ホイールチョイスまで全てのパートに作り手の拘りが詰め込まれた非常にハイレベルなUSラグジュアリー仕様なのである。

 

●取材協力:プライムガレージ 広島県福山市西深津町1-9-18 TEL:084-928-5400

 

【関連リンク】

プライムガレージ

http://www.pg-japan.net