「大御所BMWチューナー作のGRスープラが美しすぎる!」3DDesignが提案する真の大人仕様

公開日 : 2020/06/03 11:00 最終更新日 : 2020/06/03 11:00

ついにBMW専門チューナーもGRスープラ改造戦線に参入!

 

エアロパーツを筆頭に展開される高機能パーツに注目

 

日本を代表するBMWチューナー“3DDesign”が、GRスープラ用の高機能オリジナルパーツの数々を発表した。

 

3DDesignは、言わずと知れたBMWチューニング界の大御所界。同社では2019年に発売された新型BMW Z4と並行して、その兄弟車であるGRスープラのチューニングも進めていたのだ。そしてついに、オリジナルパーツと新車コンプリートカーの発売に至ったという。

 

 

まずはエアロパーツから見ていく。フロントリップスポイラー(19万8000円)、サイドスカート(21万8000円)、トランクスポイラー(11万8000円)で構成されるエアロパーツ類は、全て航空宇宙産業で使用されるインフュージョン製法で製作されたカーボン製。これにより、レース用のドライカーボン製に迫る軽さと強度を実現している。精度の高さも折り紙付きだ。

 

 

また、インテリアの質感を高めるアイテムとして、カーボン製のパドルシフター(5万9000円)、スポーツペダル(2万9000円)、フットレスト(1万8000円)、フロアマット(3万7000円)といったパーツも展開される。

 

 

さらに、純正比40ps(380ps)のエクストラパワーを得られる独自のブーストアップモジュール“ブースターチップ3(9万8000円)”も開発。安全に、かつ効果的にRZの潜在能力を引き出す事ができる高機能パーツだ。

 

 

3DDesignでは、これらのオリジナルパーツを組み込んだ新車コンプリートもオーダー受付中(価格は要問い合わせ)とのこと。

 

トヨタ産とはいえ、GRスープラはBMWの血が非常に濃いモデルだ。だからこそ、本物のBMWマイスターが放つアイテム群は一際輝いて見えるのだろう。

 

●問い合わせ:3DDesign 神奈川県横浜市都筑区勝田南2-18-10 TEL:045-595-3330

 

【関連リンク】

3DDesign

http://www.3ddesign.jp/