「ZC33Sスイスポのオートマをイジる!」HKS至宝のブーストアップメニュー

公開日 : 2020/05/31 11:00 最終更新日 : 2020/05/31 11:00


オートマの特性を考慮した簡易ブーストアップ仕様

 

ZC33Sの弱点である冷却チューンも徹底

 

日本を代表するチューニングメーカーとして名を馳せるHKS。ZC33Sについては発売当初からその可能性に着目、意欲的にパーツ開発を進めてきた。

 

 

車高調からポン付けタービンまでラインナップは多岐に渡るが、ここで注目したいのはAT車チューンについて。HKSでは6速ATモデルの開発車両も用意。パーツの適合確認を進めるなど、ユーザーが安心してカスタマイズに取り組めるようにしているのだ。デモカーを見ていく。

 

 

まずエンジン。吸気系はアルミパイピングと剥き出しエアクリーナーで構成されるレーシングサクション(5万7800円)と、独自のシーケンシャルバルブ構造したスーパーSQV(3万2800円)を装着。ブローオフはタービン保護に貢献するのはもちろん、キレの良い大気開放サウンドが味わえるのも魅力だ。

 

 

ちなみにHKSでは、現在レーシングサクションのシステムアップパーツとして、熱害をシャットアウトするボックス形状のコールドエアインテークを開発中とのこと。市販化が待ち遠しいアイテムだ。

 

 

排気形にはストレート構造を採用し、純正比65%減と大幅な排圧低下を果たしたスーパーターボマフラー(14万2000円)をインストール。タービン交換にも対応する容量を備えた製品だ。

 

 

そうして吸排気環境を整えた上、カプラーオン装着が可能なパワーエディター(3万5000円)をセット。ブースト圧を1.1キロ程度まで高めることで、ノーマル約145〜150㎰に対して約160㎰と、10㎰以上のパワーアップを果たしている。

 

 

10ps+αと聞くと大したことがないようにも感じるが、実際のパワーチェックグラフを見るとその効果は絶大。実用域の3500rpm前後からパワー&トルクが全域で上乗せされ、それがトップエンドまで持続している。体感的にも蹴り足が強くなり、純正以上の伸びを味わうことができるのだ。

 

 

また、エンジンを守るという観点からも欠かせないのが、前置きインタークーラーだ。パワーアップを進めていくと、薄くて小さい純正コアは容量不足なのは否めない。実際に、夏場のサーキットテストでは吸気温度が60〜70度(インタークーラー出口)まで上昇したとか。

 

 

そこまで吸気温度が上がるとノッキングやリタードの恐れも出てくるため、HKSでは純正に対してコア厚を約2倍、高さを約1.3倍まで大型化したRタイプインタークーラー(7万5000円)を開発。これにより、真夏のサーキットでも吸気温度を40度以下に抑えることに成功した。

 

 

オイルクーラーも同様だ。純正の水冷オイルクーラーを装備するものの、ZC33Sはイニシャル水温が高く、サーキットでは10分程度で130度に到達してしまうほど。対して、HKSオイルクーラー(7万5000円)装着後は110度で安定。エンジン保護のためにもぜひ追加しておきたい。

 

 

ちなみにRタイプインタクーラーは、6速AT車はもちろん、新たにミリ波レーダーを装着するセーフティパッケージ対応品が追加されたのもトピックス。HKSのパーツラインナップに隙はないのだ。

 

●問い合わせ:エッチ・ケー・エス TEL:0544-29-1235

 

【関連リンク】

エッチ・ケー・エス

https://www.hks-power.co.jp