「新旧86の2台持ち!」ハチロク乗りだからこそ分かる現行86の魅力と共通点

公開日 : 2020/05/30 13:00 最終更新日 : 2020/05/30 13:00

ハチロクを知り尽くした男が所有するフル後期仕様のZN6!

 

86らしさを活かしたファインチューン

 

「そもそも、私は当時、熱狂的なAE86オーナーでありファンであり、マニアでして、新型の86(ZN6)が出ると聞いても“フンッ!!”って感じ(笑)。全く気にも留めてなかったというのが本当のところなんです」。

 

そう語るのは、北海道の新旧86エキスパートとして有名な“マルマン・モーターズ”のまんねんさんだ。

 

 

「ところがですね、ひょんなことから先行試乗会にお呼ばれして、86に乗ってみたらビックリ! いやぁ、想像以上に良いクルマで…。即オーダーしましたよ」と続ける。

 

なんでも、世代も設計も全く異なるというのに、ZN6にはAE86オーナーだからこそ感じられる共通項がしっかりと盛り込まれていたという。それは意のままに操れる足回りの特性や、NAらしいエンジンのフィーリングだ。

 

そんな絶品フィールを伸ばす方向でチューニングを進めているのが、この牛カラー仕様のデモカーだ。細部を見ていく。

 

 

心臓部のFA20は、後期純正インマニやTRDのエアクリーナーボックスを装備して吸気環境をブラッシュアップ。そこに独自のメインCPチューンを組み合わせること、ノーマルとは別次元のレスポンスとトルクフィールを引き出している。非常にライトなメニューだが、あくまで86本来の持つバランスを崩さない仕様としているのが特徴だ。

 

 

一方の足回りは、オリジナルの車高調キットでセットアップ。この足は、中央発條の独自特許技術「SASC」を取り入れたチューハツ直巻きバネと、KYB製のリアルスポーツダンパー・スペックTR(減衰力32段調整)を組み合わせた逸品。86&BRZの命ともいえる、リヤサスのストロークを確保しながらローダウンするという相反する項目を絶妙なバランスで仕上げている。

 

 

ブレーキは前後共にスバル純正の対向キャリパー。リヤはマルマン・モーターズオリジナルのブラケットを使用する必要があるが、それさえあればボルトオンでの装着が可能。

 

 

 

長年競技に参加してきたまんねんさんだけに、シートのホールド製への拘りはかなりのもの。現在はレカロのモータースポーツ用モデルであるRMSを装備している。

 

 

ヘッドライトやテールライト、バンパーなどは全て後期純正に変更。そしてフェンダーをはじめとしたエアロパーツには、MAX織戸選手が手掛けるRIDOX製をチョイスしている。ハチロクマニアということで、往年の水戸納豆レーシングのステッカーも欠かせない。

 

 

ちなみにこちらが、まんねんさんの所有するAE86。AE111の5バルブ4A-Gに換装された2ドアレビンだ。かつては4A-Gターボチューンにハマっていた時期もあったが、現在は「壊れず乗りやすいのが一番ですよ(笑)」とのこと。

 

 

「外装を後期ルックにしたり、上位車両のパーツを流用したり、AE86もZN6もやってることは同じなんですよね。もっともっと楽しんでいきますよ」。新旧86に魅了されたチューナーの愛機、その進化はまだまだ続いていく。

 

●問い合わせ:マルマン・モーターズ 北海道石狩市花川南10条1丁目1-5 TEL:0133-77-6886

 

【関連リンク】

マルマン・モーターズ

http://www.maruman-motors.com