「狂気すら感じるBNR32仕様の万年筆」インクカラーは純正色を再現・・・だと!?

公開日 : 2020/05/29 15:50 最終更新日 : 2020/07/06 15:43

日産自動車監修+セーラー万年筆製造のハイクオリティな万年筆

 

BNR32フリークも納得の拘りすぎアイテム

 

GT-Rエンブレム仕様のホットサンドメーカーをはじめ、独特の感性でプレミアムグッズを製作する“ワキプリントピア”から、BNR32オーナー感涙の『万年筆』が登場する。

 

 

「〜GT-Rの歴史を書き連ねる〜」がコンセプトのこのアイテム、製造は1911年から続く老舗文具メーカーの“セーラー万年筆”という時点でかなりヤバイが、その他の細部フィニッシュも狂気すら感じるほどの拘りが詰め込まれていたりする。

 

 

まず本体。ボディ&キャップは日産自動車監修の下、BNR32の代表的なカラーリングである“ガングレーメタリック”を採用。胴軸(ボディ部)には、スカイライン伝統のエンブレムと同様の意匠が施されているのもポイントだ。

 

 

さらに、ペン先にはGT-Rエンブレムがレーザー刻印される。しかも、そのデザインは現行のR35型に用いられているものではなく、第二世代のスカイラインGT-Rのものを忠実に再現するという本気っぷりだ。

 

 

そして、付属するインクは“ガングレーメタリック”をイメージして調色されたスペシャル仕様だ。インクボトルは実車の補修用タッチペンをイメージしたデザインを採用し、正面にはカラーコードである「KH2」の文字も配される。もはや変態の域である。

 

 

インク吸入用のコンバーターも同梱され、購入後すぐに使用することが出来るこの万年筆セット、価格は1万6000円だ。なお、販売は公式オンラインストア“キャライフ”にて、2020年6月1日から開始(予約受注)されることになっている。

 

●問い合わせ:ワキプリントピア TEL:0466-87-8666

 

【関連リンク】

キャライフ(ワキプリントピア内)

https://chalife.jp/