「軽カーチューンの新たなる可能性」アルトの5AGS仕様が超楽しい!

公開日 : 2020/05/25 11:00 最終更新日 : 2020/05/25 11:00

軽自動車用のオートマという先入観は不要!

 

100馬力をシームレスに繋ぐ5AGS仕様は魅力的すぎる

 

各社からチューニングパーツが発売され、S660やコペンと並び現行の軽カーチューニングベースの人気車種となっているアルト(ワークス)。
 

高い積載性能や、4人乗車での移動も難なくこなす懐の深さを持ったモデルだが、多くのチューンドアルトを手がけてきたKCテクニカの藤山代表が最も注目すべきと語るのが、ターボRSからワークスまでに設定されたAT免許で乗れる2ペダル車、『5AGS』(5速オートギヤシフト)仕様だ。

 

 

これは、枠で言うともちろんオートマチック(AT)車だが、仕組み的にはマニュアル車と同じトランスミッションの自動制御。もちろんパドル制御も可能で、R35GT-Rなどと同様の2ペダルマニュアル車と言っていい。
 
つまり、根本的にトルコンタイプのオートマ(AT)やCVTとは異なり、スポーツ走行にも適した構造を持ち合わせた仕様なのである。デビュー当時はギクシャクしたフィーリングで違和感を感じるユーザーも多かったこの機構だが、年次改良で大幅な改善を遂げているのもポイント。

 

 

KCテクニカでは、そんな5AGS搭載のアルトターボRSをベースに、快速シティコミューターを作り上げている。

 

 

5AGSは100ps程度なら問題ないと判断し、独自のターボチューンによって100ps/13kgmというスペックを実現。街乗りからスポーツ走行までこなしている。

 

 

軸となるのは、KCテクニカのタービンキット(スポーツチューニングキット)だ。これは、ハイレスポンスなIHI製RHF3改タービンにECUとプラグを含めたコンプリートキット。交換工賃込みで29万8000円という超リーズナブルな価格設定も魅力のオリジナル製品だ。

 

 

なお、タービン交換してブースト圧を高めた車両には、オリジナルのハイパワーイグニッションコイルでの点火性能の強化を推奨している。

 

 

エキゾーストはJQR試験をクリアした車検対応のGTマフラーを装備。メインパイプ50.8φ、テールエンド60φの設定で高い排気効率を実現する。

 

 

足回りは、オリジナルのGTSサスキットを中心にセットアップ。ストリートでの使い勝手も良い「程よい硬さ」と「しなやかさ」を併せ持った逸品だ。ブレーキはオリジナルのスリットローターが組まれる。

 

 

エクステリアもオリジナルパーツで武装。中でも注目なのが、片側9mmワイド設定の“コーナーフェンダー”だ。純正のプレスラインを消し去ってデザインを見直すことで、フェンダー全体の大幅なボリュームアップを実現。もちろんハミタイ対策としても有効な製品だ。

 

 

リヤにはスポーティなRSスポイラーをセット。純正ルーフエンドスポイラーとの交換タイプで、素材はカーボンで平織と綾織の2タイプを設定。保安基準にも適合する。

 

 

5AGSだからこそのシームレスな加速も相まって、クルージングのみならずあらゆるステージで速さを体感できるアルトターボRS。実用性まで含めて、軽カーチューンドとしてはひとつの理想形と言えるだろう。

 

●取材協力:KCテクニカ 京都府宇治市槇島町目川6 TEL:0774-28-5075

 

【関連リンク】

KCテクニカ

https://www.kc-technica.com