「おばちゃんグルマの皮を被ったMIVECターボの狼」つぎ込んだ費用はランエボ1台分!

1.3Lシングルカムの4代目ミラージュが大変身!

 

4G92エンジン換装&TD04ワンオフターボ仕様

 

この4代目ミラージュのエンジンルームを見ると、スポーティグレード“サイボーグ”のボルトオンターボ仕様と思えてしまうが、ベース車は1.3Lシングルカムエンジンの4G13搭載グレード。実力派ショップ“ライプ”とオーナーが二人三脚で育てた、想定外チューンドだ。

 

 

当初は、TD04-11Bを使ったワンオフボルトオンターボにブースト0.8キロを掛けて120psを発揮させていたが、オーナーはさらなるパワーアップを求めた。そこで、サイボーグに搭載される1.6LのMIVECエンジン“4G92”のスワップへと踏み切ったのだ。

 

 

移植した4G92エンジンは、換装前にオーバーホールも敢行。純正ピストンは2タイプあり、圧縮比の低い方を入れて9.0に落としている。同じミラージュということもあり、マウント類などの加工なしに載せ換え可能だったとか。

 

 

ボルトオンターボは1.3L時からの流用。エンジンスワップに伴って、パイピング関係は新たに作り直している。前置きインタークーラーは、トラストのEP82用をベースにサイドタンクを加工して装着済みだ。

 

 

エキゾースト環境はライプによるワンオフで、メイン50φ+砲弾型テール仕様。コンパクトなボディから重低音の効いた力強いサウンドを発する。

 

 

足回りはエルシュポルトの車高調でセットアップ。ストリートメインだが、バネレートは若干硬めのフロント8kg/mm、リヤ6kg/mmの設定。フロントのアルコンキャリパー+2ピースローターも大迫力だ。

 

 

アルコンの4ポットとなれば通常のホイールは収まらない。6.5Jのホイールに195のアドバンネオバをセットするために、フロントフェンダーは片側20mm叩き出されている。ミラージュオーナーならボリュームアップされたボディに気づくはずだ。

 

 

エンジンをスワップしてターボをドッキングしたとなれば、エンジンコンディションを把握する必要がある。そのためコクピットには油温、油圧、水温計…が整然と並ぶ(純正のメーターもサイボーグのものに移植)。唯一モケットのナビシートがファミリーカーの面影を残している。

 

ここまでのチューニングコストは、中古パーツも使いつつ費用を抑えられているものの、新車のランエボが1台購入できるくらい掛かっているとか。「だったらエボを…」という考えは野暮だ。誰もやっていないからこそやる意義があると思うし、それこそがチューニングの原点なのだから。

 

●取材協力:ライプ 大阪府八尾市高安町南6-3 TEL:072-996-1181

 

【関連リンク】

ライプ

http://www.ripe-power.com/