「市販車ベースの究極系GRスープラがこれだ!」埼玉トヨペットのGT300参戦車両を徹底取材

唯一無二のGRスープラJAF-GT仕様

 

GT500とは異なる完全市販車ベースのレーシングカーに迫る!

 

デリバリー前から、多くのモータースポーツへの参戦が計画されてきたGRスープラ。当然ながら“ハコ車の最高峰レース”であるスーパーGTにも打って出るわけだが、世間で大きく報じられるのはGT500クラスのメーカーワークス勢に集中しがちだ。

 

 

しかし、それらは見た目こそGRスープラだが中身は全くの別物。完全にイチから作られたレーシングカーだ。そこで、WEB OPTIONが注目したのはGT300クラス参戦車両である。

 

 

現在、GT300クラスに出場するマシンは3つの規定(FIA-GT3、マザーシャーシ、JAF-GT)から車両製作方法を選ぶことが可能だ。

 

今回取材した埼玉トヨペットの“埼玉トヨペットGB GR Supra GT”は、市販車両をベースとしながら、車両前後のパイプフレーム化やエンジンスワップなどが可能な、JAF-GT規定を選択している。

 

 

JAF-GTの場合、同一メーカーのエンジンに限り換装が許されている。そのため、心臓部は3.0Lツインターボから“レクサスRC F GT3”と同じ5.4リッターのV8へとスイッチ。インテークのレイアウトがGTマシンを物語る。

 

 

サイドステップは大きく張り出した造形を採用し、下部にサイドフラップを設定。まさに空力最優先のレーシングフォルムだ。エキゾーストはドアから排出するサイド出しとしている。

 

 

サスペンションも大きくリメイクされ、インボードタイプのダブルウイッシュボーンに変更。さらに、ピッチやロールなどを抑制するサードダンパーが装備されている。ブレーキキャリパーはエンドレス製を装備する。

 

 

写真では分かりにくいが、室内にはドライバー用に小型のエアコンユニットが搭載されていた。ステアリングはパドルシフトや多くのスイッチ類が配置されている。

 

 

多くのパーツがドライカーボンで製作されているが、規定によりルーフやピラーなどは純正のスチール製のままだ。

 

 

空力パーツに関してももちろんレギュレーションに基づいて製作されているため、昨今のタイムアタック仕様に比べるとやや大人しくも感じるエクステリア。レーシングカーではあるが、スマートでGRスープラらしさを残している。

 

 

ちなみに、今回の撮影場所はディーラーのサービス拠点の一角に設けられたスペースだが、そこは加工機材まで揃えられた完全なレーシングガレージ。そう、人材育成にも力を注ぐ埼玉トヨペットは、自社のスタッフで車両製作からメンテナンス、そしてエンジニアリングまで一貫して行っているのだ。

 

 

新型コロナウイルスの影響でシリーズ戦は7月までズレ込んでいる(開幕戦:岡山国際サーキット)が、“埼玉トヨペットGB GR Supra GT”の華々しいデビューに期待したい。

 

PHOTO:服部真哉

●取材協力:埼玉トヨペット TEL:0120-319231(お客様相談室)

 

【関連リンク】

埼玉トヨペット

https://www.saitama-toyopet.co.jp/