「これぞ湾岸の正装スタイル!」闘魂エアロで武装した真紅のR35GT-R、現る

公開日 : 2020/05/05 06:30 最終更新日 : 2020/05/05 06:30

“湾岸”から刺激を受けて開発したワイドボディ

 

左右のドラビングランプが闇夜を切り裂く!

 

走り系エクステリアチューンの雄としてお馴染み“アブフラッグ”が手がけたR35GT-Rの登場だ。迫力のワイドボディは『Break out(ブレイクアウト=突発する、脱出する)』と名付けられたオリジナルキットだ。

 

 

このR35用エアロパーツ開発は、アブフラッグ上保代表が湾岸最高速チーム“ミッドナイト”時代の仲間との再会がきっかけだった。現役当時の話で盛り上がっているうちに、“あの頃の熱い思い”をR35GT-Rという最新最強のスポーツモデルで表現したくなったのだと言う。

 

 

コンセプトは“踏めるオーナーに相応しいワイドボディ”。それを具現化するのが、当時の湾岸仕様の必須アイテムだった大型のドライビングランプだ。

 

 

とはいえ、R35GT-Rのフロントバンパー裏はオイルクーラーガイドやウォッシャータンクが鎮座しているため、そのままドライビングランプをセットすることはできない。そこでアブフラッグは、エアガイドとウォッシャータンクをそれぞれ専用品に変更(エアガイドは純正をカットして専用カバーで覆う構造)することでこの問題をクリアした。

 

こうして完成したフロントバンパーは、R32をイメージさせるデザインのリップスポイラーを組み合わせ、古き良き湾岸スタイルの構築に成功した。

 

 

フロント周りのデザインとは対照的に、リヤウイングはムルシエラゴ用に開発したスワンネックタイプを採用。大型の開口部を持つリヤバンパーには、カーボン製のディフューザーもセット。マフラーはパワークラフト製のチタン4本出しを装着する。

 

 

一方のワイドボディは、フロントフェンダーが片側35mm、リヤフェンダーが片側95mmワイドという設定。ブレイクアウトシリーズのバンパーはもちろんだが、ノーマルバンパーにも装着できるようデザインされているのもポイントだ。

 

 

ホイールはフル鍛造のアブフラッグプリズム3。サイズは20インチでフロントが10Jのマイナス1、リヤが12Jのマイナス39という強烈なスペックだ。タイヤにはフロント285/35、リヤ335/30のピレリPゼロを組み合わせる。

 

「厚みのあるR35にシャープさを与えるために試行錯誤しました。取り付けもスムージングでは重たくなるので、ズース(クイックファスナー)留めにしました」とは上保代表。

 

 

ここまで大胆なフォルムながら、ストックボディのバランスを崩さないセンスこそアブフラッグの真骨頂。個性的なダクトレイアウトに目が行きがちだが、そこには繊細なモデリング技術と経験が活かされているのだ。

 

●取材協力:アブフラッグ TEL:0550-88-8238

 

【関連リンク】

アブフラッグ

http://abflug.jp/