「速さはFD3S以上か!?」NBロードスターはボルトオンターボで大化けする!

公開日 : 2020/05/03 11:00 最終更新日 : 2020/05/03 11:00


燃料系の強化のみで実測240馬力が狙える!

 

ロータリーチューナー渾身のボルトオンターボシステム

 

NB8Cの前期型に搭載されるBP‐ZE、連続可変バルタイS‐VTを備えた後期型BP‐VEのいずれにも対応した、独自のボルトオンターボチューンを展開するフジタエンジニアリング。

 

 

基本的なパーツ構成はステンレスEXマニ、斜流タービン、アウトレット、フロントパイプ、インテークパイプとなっていて、インタークーラーや制御系はユーザーの求める仕様に応じて臨機応変に選択していくスタイルだ。

 

ちなみに燃料ポンプとレギュレーターを交換して純正インジェクター容量を使い切る仕様の場合、最大ブースト圧0.45キロ時にノーマル比100psアップの240〜250psが狙える。

 

 

藤田代表いわく「NAメカチューンよりもコストをかけずにパワーを出せるのが魅力ですよね。240ps前後であれば、ピストンやコンロッドもノーマルのままいけますし。しかもNB8Cは車重が1トンちょいなので、これくらいパワーがあればノーマルのFD3Sより速くなりますよ」とのこと。

 

 

ちなみにこの取材車両(オートマ車)は、腰下をファミリアターボ用パーツで強化しつつ、モワパワーを狙ってタービンをGT2530に変更。EXフランジの形状が同じため、加工無しでオリジナルEXマニに組み合わせることができるのだ。

 

 

同時に燃料系も強化。インジェクターはRB26DETT純正440cc、燃料ポンプはBCNR33純正にそれぞれアップグレードしている。

 

 

マネージメントにはインジェクター容量の拡大に伴ってF-CON Vプロを導入し、より綿密な燃調&点火時期のコントロールを行う。

 

こうしたパワーチューニングにより、トルコンが滑っている状態にも関わらずシャシダイ上で実測250psをマークしているのだから恐れ入る。

 

 

「ターボ化するなら冷却系は強化しないとダメ。とくにエンジンオイルクーラーは必須と言えます」とは藤田代表。取材車両は、ラジエターに特注アルミ3層を、オイルクーラーにHKS改をそれぞれ導入して万全のクーリングパートを構築済みだ。

 

気になるボルトオンターボの導入コストは、約50万円(制御ツール等のショートパーツ除く)。走りの楽しさには定評があるNB8Cだが、過給機のチカラによって速さでも負けない1台が完成するのだ。

 

●取材協力:フジタエンジニアリング 大阪府堺市東区八下町1丁82-1 TEL:072-258-1313

 

【関連リンク】

フジタエンジニアリング

http://www.fujita-eng.com