「力こそ正義!」580馬力の強心臓を従えるトヨタ86サーキットスペック

公開日 : 2020/05/03 15:00 最終更新日 : 2020/05/03 15:00


3速でもホイールスピンが止まらない!

 

心臓部はFA20改2.1L+HKSスーパーチャージャー+NOS

 

富士や鈴鹿など、国際格式の大規模サーキットで86&BRZのレコードタイム(ラジアルタイヤ)を狙うオートプロデュースボスのデモカー(ZN6)。そのため、エンジンの作りは本格的なフルチューン仕様となっている。

 

 

FA20本体はHKSの2.1Lキットを組み込み、排気量アップによるビッグトルクと600psオーバーまで許容する耐久性を確保。ヘッドには、IN側260度11.7mmリフト&EX側266度11.7mmリフトのハイカムを組み込んで高回転域のパワー追従性を高めつつ、燃焼室やポートまでくまなく手が入る。

 

 

組み合わせる過給機は、HKSのGTS7040Lスーパーチャージャーだ。ブーストを上げるために、プーリーはキット付属ではなく独自のスペシャルを採用。かなりの高回転型になるため、プーリーのベルトがかかる部分には特殊な表面処理が施されている。

 

最高出力はブースト1.8キロ時に実測で580ps&72.1kgm。FA20ベースとしては強烈な数値だ。

 

 

リヤのトランク内には、ドーピング用のNOSタンクや燃料系のコレクタータンクを格納。コーナリング時でも燃料の偏りを防ぐことで、エンジンへ安定した燃料供給を行っている。

 

 

足回りはプロドライブの車高調でセットアップ。バネレートはフロント8kg/mm、リヤ9kg/mmだ。同時に前後ロワアームは調整式(F:オートプロデュースボス製 R:クスコ製)に変更し、アーム長を含めてセッティングの自由度を高めている。

 

 

ホイールはポテンザRW006(FR10.5J)で、タイヤには295/35-18のポテンザRE-71Rを前後にセット。当然ノーマルボディで収まるサイズではないため、バリス製ボディキットによるワイド化が必須だ。ブレーキは、エンドレス最高峰のモノブロックキャリパーシステムを奢る。

 

 

「耐久性とパワーのバランスを高次元にまとめたスペックです。排気量アップや、スーパーチャージャーのブースト圧を高めたり、アクセル開度と回転数によってNOSを使用したりなど、今できるチューニングを総動員した感じです」とは、オートプロデュースボス藤岡代表。

 

 

このチューンドを試乗したターザン山田は「とにかく低回転からパワーとトルクが凄い! 3速でもホイールスピンが止まらないんだから。足回りやブレーキの仕上がりも文句無し。スッゲェ速いよ。86のコースレコードを狙っているという本気度もビシビシ伝わってくるクルマだね」と絶賛。

 

 

86チューニングとしては究極のハイスペック仕様だが、軽量化とボディ補強を行なっていないという点ではストリートカーの面影も残している。

 

独自のルールで鍛え抜かれた美しいサーキットスペック。ストリート派の86&BRZ乗りにとっても、参考になる部分が多いはずだ。

 

●取材協力:オートプロデュースボス 長野県長野市川合新田1370 TEL:026-266-6388

 

【関連リンク】

オートプロデュースボス

http://www.ap-boss.com/