「ブレイクの予感」スタンス系の大本命、SSR『フォーミュラ・エアロスポーク』登場!【最強ホイール解体新書】

公開日 : 2020/04/27 06:30 最終更新日 : 2020/04/27 06:30

グラマラスなボディの足元で一閃!

 

デュアルディスク&スパイラルの躍動感

 

一世風靡した名作のテイストに先進のアプローチをクロスオーバーさせる、SSRのネオクラシックブランド『フォーミュラ』。

 

 

インナーサークルにディッシュ、アウターサークルへメッシュと異なるディスクを融合させた“フォーミュラ・エアロメッシュ”でホイールデザインの限界突破を果たしたのは記憶に新しいが、その第二弾がついに登場!

 

それが、スポークとフィンをコンビネーションさせ、圧倒的な躍動感を放つ“フォーミュラ・エアロスポーク”だ。

 

エッジを効かせて鋭く立ち上げた20本フィンは正回転のスパイラル効果と相まって、スタイリッシュスポーティなテイストを添える。

 

見どころは、やはりインナーとアウターで捻りの方向を逆転させたスパイラルデザインだ。

 

インナーで力強さ放つ5本スポークは逆回転、アウターでスタイリッシュさを添える20本フィンは正回転と捻る方向をそれぞれ変えて、デュアルディスクならではの独創性を極限まで高め上げている。

 

 

また、そうした造形美をバックアップするフェイスラインの秀逸さも見逃せない。

 

接合部から鋭く立ち上げたフィンでスポーティさと足元の深みを積極的に引き出したのに対し、中心部へ位置するスポークはセンターパートへ緩やかな弧を描くように落とし込まれて、どっしりとした逞しさを演出している。

 

 

異なるディスクデザインを繋ぐ着脱式エアロプレートは、ホイールとの一体感を高めるために硬度あるステンレスで薄く作られている。

 

今回の撮影ホイールは9.5J×19だが、ディスクの小さくなる16インチも単なるリサイズではなく、インナーサークルとアウターサークルの比率やスポーク開口部も最適化したものとなる。

 

なお、エアロスポークはボディカラー問わず気軽に履きこなしやすい新色のブラッシュブラックを標準設定。

 

エアロメッシュで人気を集めたブラッシュレッド、ブラッシュブルーもオプション設定されているため、愛車のアクセントカラーとリンクさせる魅せ方も可能だ。

 

上質な深みもたらすステップリムにはインナーとアウターそれぞれにブラックアルマイト、高級感添えるピアスボルトにはゴールドピアスやクラシカルピアスのオプションカスタマイズを用意。

 

ブランドコンセプトである「OLD is NEW」がドンピシャとなる、最新のノスタルジックデザイン。履きこなしの幅が広がる3ピースならではの優位性も活かし、オンリーワンなネオクラシックスタイルを狙ってみてはいかがだろうか。
 

製品仕様
SSR
Formula AERO SPORK

16インチ:6J(6万4000円)~8.5J(6万9000円)
18インチ:7J(8万2000円)~13J(9万4000円)
19インチ:7J(9万円)~12.5J(11万2000円)
 
●問い合わせ:タナベ TEL:072-728-6700

 

【関連リンク】

タナベ

https://www.rd-tanabe.com