「これぞS15シルビア最強ブーストアップ仕様!」吸排気+カム交換で純正タービンを使い切る

公開日 : 2020/04/22 06:30 最終更新日 : 2020/04/22 06:30


盤石のブーストアップ仕様で実測312psをマーク!

 

認証工場だからこその高いスキルと信頼性

 

チューニングはどちらかと言うとアンダーグラウンドなイメージが強い。そんなネガティブなイメージを払拭し、完全合法チューニングマシンを提供するのが静岡県の“OKレーシング”だ。

 

同社は認証工場として営業していることもあり、ストリートカーの違法改造は行わないのが信条。そのため、ストリートでも安心して乗ることができ、かつサーキットでもタイムを出せるクルマ作りを得意としているのだ。

 

 

そんな、OKレーシングが手がけたユーザー車がこのS15シルビア。サーキット走行よりも普段の街乗りを快適に楽しみたいというオーダーを受け、お勧めメニューで組み立てられた1台だ。

 

しかもボディのコンディションを優先し、ベースには程度の良いNA&AT車をチョイス。そこにターボエンジンと純正6速MTを組み合せて公認を取得している。

 

 

まずエンジンは、吸排気チューンと東名パワードのポンカム、インジェクター容量のアップ(サード650cc)などは行っているものの、タービン自体はノーマルを使用。パワーFCによるセッティングによって最大ブースト1.2キロで312ps。

 

なお、SRの泣き所でもあるロッカーアームは、ナプレックの強化品と東名パワードのロッカーアームストッパーを合わせて対策済みだ。

 

 

EXマニに関してはOKレーシングではアルトラック製のタイプS4を推奨。2mm厚の完全等長タイプで、タービンの潜在能力を引き出してくれるだけでなく、甲高い独特のサウンドはドライバーをやる気にさせてくれる。

 

 

エアフロは測定精度が高く、バックタービンの影響を受けにくいR35用を使うことで、緻密なセッティングを実現。機能性だけでなく見た目も考慮して、エアフロセンサーは見えない裏側に取り付けているのも拘りだ。

 

 

サスペンションはHKSハイパーマックスIVを軸に構築。スプリングレートには街乗りでの乗り心地と快適性を重視して、フロント8kg/mm、リヤ4kg/mmを組み合わせている。

 

 

サスアーム類はクスコの調整式ピロやNISMOのリンク類を使いながら、アライメントの調整範囲を広げつつ強化済みだ。

 

 

エンジンスペックを強化したことにより、安全に走らせるためにはブレーキの強化も必須。フロント、リヤ共にBNR34のN1ブレンボを流用しながら、リヤサイドブレーキをインドラム化して公認取得を行っている。

 

 
エアロパーツはヴェルテックスLANG、ミラーはガナドールを装備する。もちろん車高のバランスやタイヤの収まり具合もすべて合法セッティングが施されている。
 

 
リヤフェンダーは自然なラインで叩き出し、265サイズのタイヤをセット。フューエルリッドの段差を見れば、その広がり具合が見て取れるものの、パッと見では判断できないほどの自然な仕上がりだ。
 

 

ストリート仕様らしく、インテリアはシンプルかつ実用的に構成される。ATベースながらもNISMOコンビネーションメーターをセットすることで、シフトインジケーターを除去している。

 

 

また、コクピットの雰囲気を崩さずに追加メーターを配備する手法としてOKレーシングが提案するのは、助手席エアバッグ収納部を再利用した開閉式の4連メーターパネル。こうした造作も同社の得意とするところだ。

 

 

OKレーシングならではのノウハウと技術力が詰め込まれたシルビア。速さと耐久性を高次元でバランスさせた完全合法スペックは、多くのS15乗り達にとって参考になるはずだ。

 

●取材協力:OK自動車 静岡県浜松市東区下石田町1856 TEL:053-422-5151

 

【関連リンク】

OKレーシング

http://www.okracing.jp