「ストリートゼロヨン最速DR30再生計画」冷却系パーツのレイアウトが決定!【連載9回目】

公開日 : 2020/04/08 15:00 最終更新日 : 2020/04/08 15:00


吸気&冷却系のレイアウトもついに決定! 魅せ要素も満載だ!

 

後退したエンジンによってインタークーラー中置き化

 

ガレージ八幡オリジナルタービン、TD520Zプロが上下に2基セットされたエンジンルームは、それだけでかなりの迫力。かつてのTD05-12Bツイン仕様はコンプレッサーハウジングが小さくて何かスカスカしていたが、この仕様はギッチリ詰まった感じがしてメカニカル度もアップ! まさに「見た目にカッコ良く」というコンセプト通りの作りだ。

 

加えて、今回はラジエターとインタークーラーの装着位置が決定。エンジンが後退したおかげで前方に大きなスペースが出現し、ラジエターコアサポートの内側にラジエターだけでなく、インタークーラーも装着されることに。そう、“中置き”インタークーラーというやつだ。

 

 

インタークーラーコアはトラスト3層タイプを使用。確実に600psを超えてくるFJ20改2.1L仕様では、これくらいのサイズがないと困る。ラジエターコアサポートの“向こう側”に収まってるのが新鮮だ。

 

 

カットしたアルミパネル&パイプを溶接して、手際よくサイドタンクの形状にしていく。キットを装着するのではなく、現物合わせでワンオフしていく過程にチューニングの原点を見た!

 

 

インタークーラーOUT側とスロットルを繋ぐパイピングは、なんとφ90。インタークーラー中置き化によってスロットルとの距離が短くなった分、パイプをキレイに曲げるには苦労したはず。

 

 

コアサポート直後にインタークーラーがセットされ、それと重なるようにラジエターが装着される。ラジエターはBNR32純正アルミ2層で、「全開時間が短いゼロヨン仕様なら、容量的にコレで十分でしょ」と森田代表。アッパータンクは樹脂製のカシメに代えて、アルミパイプをカットして溶接したものになる。

 

 

当然オイルクーラーの装着も予定しているが、森田代表いわく「どれくらいのサイズにするか、今考え中」とのこと。右上がHKS15段、右下がHKS12段、左がトラスト14段だ。

 

 

コンプレッサーノズルにφ50エルボーパイプが取り付けられ、ソレっぽさが増したタービン周り。ギュッと凝縮した感じは以前のTD05-12B仕様にはなかった、TD520Zプロ(ガレージ八幡オリジナル)仕様ならではのもの。

 

「中置きインタークーラーは、フロントオーバーハングの軽量化っていう大きなメリットもある。パイピングはφ100で作りたかったんだけど、曲げ部分がうまくできなさそうだったんで、仕方なくφ90で妥協したよ」と森田代表。

 

ちなみに、タービン(コンプレッサーノズル)からインタークーラーIN側までのパイピングはφ50を予定。効率重視なら、2本を1本にまとめてインタークーラーに接続するシングルエントリー式の方が、吸気干渉が少ないことは森田代表も分かっている。しかし、吸気干渉を起こしがちなのは百も承知の上で、今回は2基のタービンからそれぞれダイレクトに接続するツインエントリー式を採用することにした。理由は「絶対にこっちの方がカッコええ!」という森田代表の強い拘りだ。

 

今回はこの辺まで。エンジンルーム全体を公開しようと思っていたが、まだパイピングが中途半端だし、そこはビシッ!と完成してからということで!

 

TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)

●取材協力:ガレージ八幡 愛知県半田市上浜町10-20 TEL:0569-26-1660

 

【関連リンク】

ガレージ八幡

https://streetspecial.ico.bz/