「ファッション性と機能性の融合」SSRのGTシリーズ新作は8交点メッシュで勝負!【最強ホイール解体新書】

公開日 : 2020/04/05 13:00 最終更新日 : 2020/04/05 13:00

GTシリーズの新作『GTV04』が鮮烈デビュー!

 

細部まで入念にバランシングした極上のアダルトスポーティ

 

スーパーGTを筆頭にしたレーシングホイールの開発思想やテクノロジーをダイレクトにフィードバックする、リアルモータースポーツブランドがSSR GT。

 

今回紹介するのは、機能美の引き出しに特化し「スポーツをファッショナブルに採り入れよう」というコンセプトを掲げるVシリーズの最新作、GTV04だ。

 

 

これまで5本スポーク、10本スポーク、2×5のハイパーメッシュと展開してきたバリエーションに、新たに追加されたV04は、車種やスタイル問わずオーソドックスに履きこなせる8交点メッシュとなる。

 

 

一般的にスポーク数が多ければ重厚な足元になりがちだが、V04は異なる開口部のコンビネーションで応力分散性に優れたクロススポークの魅力そのままに、スポーク天面をアグレッシブにシェイプ。

 

カットラインによって際立たせたスリムさで軽快感を前面に押し出しつつ、強度確保だけでなく奥行き感の演出にも優れたリブをスポークサイドの魅せ要素として巧みにあしらった。

 

 

ナットホールぎりぎりから一気に落とし込んだセンターパートの深みが、陰影とともに足元を引き締める。センターキャップ部分を少し持ち上げるようにデザインして強調した立体感も、深みのアピールに欠かせない。

 

 

また、フランジぎりぎりまで伸ばしたスポークは外周部へアクセントとなるエッジを刻み、足長感と輪郭をアピール。一見するとフラットなフェイスだが、カッコ良さを引き出す秘訣として、センターパートへの落差を稼ぐために一度持ち上げてからコンケイブさせている。

 

 

もちろん、軽さと剛性アップに貢献するリム成型技術『FFT』が投入されているので、落ち着きある佇まいとは裏腹に、ハイグリップタイヤを受け止めるパフォーマンスも秘めている。

 

愛車をアダルトスポーティな一台へと仕上げていくなら、シンプルスタンダードな美しさ放つGTV04は頼もしきパートナーとなってくれるに違いない。

 

製品仕様

SSR GTV04

15×5.0J〜19×8.5J:2万7000円〜4万8000円

 

PHOTO:清水良太郎/REPORT:村田純也

●問い合わせ:タナベ TEL:072-728-6700

 

【関連リンク】

タナベ

https://www.rd-tanabe.com