「R35GT-RからZC33Sスイスポまで!」冷静に考えると超お得なKUHLコンプリートカーに迫る

公開日 : 2020/04/05 15:00 最終更新日 : 2020/04/05 15:00

チューンドコンプリートという選択肢を考える

 

大量仕入れと中間マージンのカットが安さの秘密

 

クルマを購入して徐々にチューニングを進めるのは楽しみのひとつだが、実際に行うとなると、金銭的な理由や納期の問題など、思うように進まないことが多い。そんなフラストレーションを解消してくれるのが、今回紹介するクールレーシングのコンプリートプログラムだ。

 

 

クールレーシングは、東京オートサロンで最優秀賞を幾度となく手にしている超ビッグネーム。そんな同社のオリジナルパーツをバランスよく組み込んだ中古車or新車をお買い得プライスで販売するというのが、コンプリートプログラムの全容だ。

 

 

例えばR35の場合。走行6万km以内&修復歴なしの初期型ベースに、オリジナルのフルエアロやブリッツ車高調、4本出しマフラー、20インチのタイヤ&ホイールをセット。総額250万円分(工賃込み)のパーツを装着したフルカスタム仕様が649万円~で手に入る。

 

 

さらに新車ベースのコンプリートも用意。ZC33Sスイフトスポーツの場合だと、フルエアロや車高調、18インチのタイヤ&ホイールやナビなど総額124万円ほどのパーツ(工賃込み)を付けたフルカスタム仕様が259万円。その割引金額は約52万円という太っ腹ぶりなのである。

 

 

このバーゲンプライスの秘密は中間マージンカットにある。「エアロはオリジナル。しかも塗装や取り付けも自社で行っているので、中間マージンをカットできます。また、ディーラーやパーツメーカーさんには沢山仕入れをすることで勉強して頂いております。そうした企業努力を重ねることで、お客さまに喜んでいただけるような、手頃感のあるコンプリート価格を実現しました」とクールレーシングさいたま古閑さん。

 

 

具体的に販売車両を見ていく。まずR35は2008年式のブラックエディションで、走行距離は4万キロと極上の個体だ。車両本体価格はコンプリート状態で631万円となる。

 

エクステリアはクールレーシングの35R-SSエアロコンプリートキットでフル武装。コンプリート価格にはエアロ取り付けや2トーン塗装代も含まれる。後期ルックなので古さは全く感じないし、フィッティングも抜群だ。

 

 

足回りはブリッツZZ-R車高調を軸に構築。ホイールはオリジナルのVERZ KCV20インチが組まれ、タイヤにはファルケンアゼニスFK510がセットされる。

 

 

また、ここからエンジンをブーストアップ仕様にしたり、カスタムペイントを施すなど、自分好みの1台にアレンジすることも可能だ。なお、クールが推奨するGT-RのオプションメニューはGR6ミッションのソレノイドバルブ洗浄(11万円)とECUチューン(20万円)だ。

 

「車両代とカスタム費用を一本化できるのもメリットですね。ベース車を購入して1から仕上げるとなると、チューニング代を捻出するのもひと苦労。そうした費用がまとめられるうえに120回までの分割払いが可能なので、無理ない返済プランが立てられます」と古閑さん。

 

 

一方、ZC33Sは新車ベースのコンプリートを展開。価格は289万円(6MT)、296万円(AT)となり、R35同様に33R-SSエアロコンプリートキット+2トーン塗装4点セット、ブリッツZZ-R車高調、VERZ KCV04の18インチホイールなどを装備。

 

 

これだけのメニューを施して300万円以下で収まってしまうのが凄い(ただし諸費用は必要)。当然ながら新車保証も付いてくる。

 

クールレーシングが提案するコンプリートプログラムなら、憧れのチューンドを手に入れることも決して夢ではないのである。

 

●取材協力:クールレーシングさいたま 埼玉県さいたま市見沼区中川746-1 TEL:048-812-4522

 

【関連サイト】

KUHL RACING
https://kuhl-japan.com/