「帝王と呼ばれる男の愛機」ドリフト界に一石を投じた古口180SXスペシャル【OPTION back number】

エビスサーキット東コースでの3発振りをはじめ、ドリフト界に数々の伝説を残してきたドリフトスター。古口美範、帝王と呼ばれる男だ。そんな男が理想を求めて作り上げたのが、ここで紹介する180SX。フロントミッドにエンジン搭載位置を変更したスペシャルスペック、ドリフト界の頂を目指して進化を続けたそのマシンメイキングに迫る。(OPTION誌2001年9月号)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドリフト界の頂点を駆け抜ける古口180SXに迫る

 

180SXを知り尽くした男が作り上げる至高のドリフトスペック!

 

「これね、F1のジャガーのカラーリングを意識してやってみたんですよ。別にジャガーが好きとかそういうことではないんですけどね。ハッチバックスタイルのレーシングカーってそうそう無いですし、そういうレーシーなイメージのクルマがあっても面白いんじゃないかなって思いまして」。

 

 

180SXは乗りやすく、イジり甲斐のあるクルマだと話す古口選手。その理由は、良いも悪いもチューニングすればその変化がすぐどこかに現れるところだという。そしてそれこそが、古口選手が180SXに拘り続ける理由であるとも語る。

 

 

1号機と呼ばれるこのマシンのポイントは、何と言ってもエンジン搭載位置だ。バルクヘッドに切った貼ったの加工を繰り返し、80mmもの後方オフセットを実現しているのだ。

 

 

エンジン本体は腰下ノーマルでインテーク256度、エキゾースト264度カムを組み込む。スロットルはパルサーGTi-R用の4連スロットルを加工流用。タービンはHKSのGT2835を合わせ350psを発生させる。

 

 

エンジンが後方に大きくスライドしたことで、インタークーラーやラジエターは水平レイアウトが可能に。ボンネットのダクトからもそれらを覗くことができる。

 

 

サスペンションはイケヤフォーミュラ製。まだまだテスト段階で、スプリングレートはフロント、リヤともに10kg/mmとなっている。ブレーキは前後ともにBNR34純正ブレンボを流用。フロントのローターはアペックス製だ。スペーサーはフロント5mm、リヤ20mmをセット。

 

 

リヤサスメンバーはBCNR33用を流用。シャコタン対策でメンバー搭載位置を上げ、マウント部はスライス加工して鉄板溶接によるリジット仕様だ。アーム類はサスペンションに入力される負荷に対して、リニアに足を動かすことを目的にフルピロ化している。

 

 

フロントのタイロッドはイケヤフォーミュラの試作品(当時)。ここをピロ化することでステアリングフィールをシャープなものとしている。

 

 

キャンバーはフロント3度、リヤ3度半となっている。叩き出されたフェンダーギリギリに、GT-RサイズのニスモLMGT4が収まるよう絶妙なセッティングを施しているという。このフェンダーとホイールの関係が、シャコタン好きの拘りを感じさせるポイントだ。

 

 

エンジンを後方に下げた関係で、ダッシュボードやコンソールパネルも全体的に後方へとスライド。これによりドアグリップなどといった内張り類が干渉してしまうので、その部分はバッサリと切り取っている。

 

 

ステアリングはナルディクラシック。メーターはスタックを取り付けて車両情報を一元管理している。シートもレール自体を約40mm後方に下げる加工を施してオフセット済みだ。

 

 

リヤハッチゲートも軽量を進めていった結果このような状態に。車重は1トン切りを目指しているが、現状は1100kgとのこと。

 

 

ボディ補強は、Cカーなどの製作も担当していたレーシングサービスMAXでレクチャーを受け、古口選手自らが全てDIYで施工。スポット溶接増しの数も凄まじいが、フル溶接ロールケージも圧巻の仕上がりだ。Aピラー、Bピラーはレーシングカー同様のガゼットプレート留めを行うほどの徹底ぶり。仕事が終わってから明け方までの限られた時間を使い、2時間睡眠の生活で作り上げられた賜物とのこと。

 

 

エアロパーツはイケヤフォーミュラ製で統一。ボンネットやウイングはレーシングサービスMAX製。カナードはオリジナルだ。

 

 

タイヤはファルケンAZENISのST115でフロントが235/40R17、リヤが265/35R18。ホイールはニスモLMGT4でフロントが9.5J+15。リヤが10.5J+12だ。前後色違いのホイールは好みではないそうだが、リヤホイールをぶつけてしまったということで、このような状態となっている。なお、ウインドウ類はフロント以外全てイケヤフォーミュラのアクリル製に交換されている。

 

 

180SXを乗り継ぎ、現在も複数台の180SXを所有。その全てを自分流にイジっている古口選手。180SXの良いところも悪いところも把握してきたというだけに、このマシンの突き抜け加減は凄まじいものがある。

 

「ボディを固めすぎて悩んだけど、足回りが最近キマってきたんです。それに合わせてこれからパワーを上げていくつもりです」。ドリフト界の帝王が、さらにハイスピードでキレたドリフトを繰り出す日は近い。