「86&BRZ過給機チューン最前線」老舗ショップがポン付けスーパーチャージャー仕様の限界に挑戦!

リストリクター拡大でスーパーチャージャー仕様の限界に挑戦!

 

市販パーツのみで作り上げたストリートスペックを試す

 

エンジン関係のチューニングも、足回りのセットアップも、全てこのままエンドユーザーに提供できる仕様で最高速テストに挑んできたのがピットロードMの86(ZN6)。

 

気軽に楽しめるストリートスポーツとして改造が進められ、街乗りやワインディングでの快速性能はもちろん、ゼロヨンやサーキット走行でも楽しめるというオールラウンドスペック。今回は高速周回路が舞台ということで、エンジン本体はノーマルのまま、スーパーチャージャーのブースト圧を高めてきたのがトピックだ。

 

HKSのGT7040Lを組み込み、ピットロードMのオリジナルデータ入りECU-TEKで制御を行う。

 

HKSのGT7040Lスーパーチャージャーが発生する大トルクは、1〜3速では敢えてブースト圧0.8キロに抑え、4速以降で1.0キロになるよう、タイヤのグリップを見越した過給圧セットアップとなっている。もちろん、出力向上に合わせて燃料系などの見直しを図り、さらにハイブーストに吸気量が伴うよう、スーパーチャージャー本体のリストリクター径を拡大するといった工夫もされている。最高出力は350psだ。

 

スーパーチャージャーはHKSのGTS7040Lだ。

 

なお、今回は記録狙いのためブースト圧をかなり高めにセットしてパワーを絞り出しているが、腰下がノーマルのままでの常用1.0キロはリスキーとのこと。350psを安定発揮させたいのであれば、最低でもコンロッド強化が必須であることを忘れてはならない。ピットロードMでは、300ps程度が安全マージンの取れるスペックということで一般ユーザーにお勧めしているそうだ。

 

 

バンパー開口部にはスーパーチャージャーキット付属のインタークーラー。サイド部にはHKS製の13段オイルクーラーを装備。さらに、純正バンパーをベースにダクトを開けまくってパワーアップに伴うクーリング性能を確保する。

 

シートは2脚ともバケットシートに交換されるが、ストリート仕様ということでリヤシートはそのまま残されている。

 

ストリートからサーキットまで、どんな走行ステージでも楽しめるようにと、シートにはレカロRS-G CLを選び、ドライバーズシートにはピットロードMオリジナルのFIA公認6点式ハーネスをセット。

 

 

足回りはD2製をベースにしたピットロードM SPL(F9㎏/mm R7.5kg/mm)でオールラウンドで楽しめる仕様に。ブレーキキャリパーもD2製でフロント8ポット、リヤ4ポットで強化。ローターは前後ともに356mmスリットだ。

 

 

ホイールはボルクレーシングZE40で9.5J×18の4本通し、タイヤにはアドバンネオバAD08Rの265/35R18を組み合わせている。

 

 

城里テストセンターで行われた最高速アタックの結果は248.08km/h。実のところ、マシンはまだまだ加速していたのだが、フロントアンダーに取り付けていたリップスポイラーが風圧に耐えきれず落下、そこでアタック終了となってしまったのだ。

 

 

ワンオフのスペシャルパーツを一切使わずに製作されたこのマシン。もちろん市販パーツのみでここまでのスペックを実現しているのは、ピットロードMが有する膨大な量のチューニングノウハウがあるからに他ならない。

 

●取材協力:ピットロードM 兵庫県姫路市安富町安志912 TEL:0790-66-3359

 

【関連リンク】

ピットロードM

http://www.pitroadm.com