「メカドルR珍道中」不要な純正部品をアップガレージで売却! はたして総額は!?

公開日 : 2020/03/28 16:00 最終更新日 : 2020/03/28 16:00

汎用性の高い純正ホイールは高額査定! 総額は7万7000円に!

 

純正エアロは保管状態の悪さがマイナス査定の原因だった

 

オプション誌3月号からスタートした“メカドルR珍道中”。HKSテクニカルファクトリーで実施した健康診断を無事にクリアし、そろそろサーキット走行を視野に入れたチューニングに取り掛かりたいところだ。

 

しかし、これまでに交換したエアロやホイールによって、純正部品がガレージを圧迫。ひとまず、不要になった純正部品を売却することした。

 

アップガレージ横浜町田総本店の展示フロアは3階まであり、カー用品&パーツ販売のアップガレージだけでなく、バイク用品を取り扱うアップガレージライダース、タイヤ&ホイールのアップガレージホイールズもセットになっており、その保有パーツ数も最大規模なのだ。

 
純正パーツを売るとなったら、個人売買やネットオークションといった方法も考えられるものの、ぶっちゃけホイールやバンパー類の梱包はめんどくさい! それならば、実績のあるアップガレージに持ち込むのが手っ取り早いということで、数ある店舗の中でも買い取り実績も商品数も随一の“アップガレージ横浜町田総本店”に突撃、買い取り査定をお願いすることにした。
 

 

入り口のすぐ側にある発券機にて整理番号をもらい、持ち込んだパーツを預けたら、メカドルゆきちゃんは使えそうなパーツ探索に、撮影スタッフは査定に同行させてもらうことにした。

 

買い取り査定歴3年のベテランがパーツをチェック!

 

 
査定を担当してくれたのは、買い取りスタッフとして千葉中央店で2年、横浜町田総本店で1年、計3年の経験を持つスペシャリストの脇田さん。撮影しながらだったため今回は40分ほどかかったが、お客さんを待たせないためにも、査定は基本15分くらいで終わらせる方針とのこと。
 

 

ホイールは、傷の有無だけでなく、バランサーで回転させて歪みもチェックされる。

 

 

ヘッドライトやテールレンズといった灯火類は、店内に設けられているチェックブースにて点灯確認も実施れされる。

 

 

査定したパーツは、製品の状態やサイズなどの情報を独自のスペック用紙に記入し、同時にネット販売用に使う写真も撮影していく。

 

 

製品チェックが終わったらデータベースで相場を照合し、パーツの状態を加味した上で最終的な査定額を決定する。

 

 

今回持ち込んだR35純正部品の査定額は、7万7000円! 純正部品の新品価格を考えると微妙なところだが、保管状態が悪く、ほぼ全アイテムに傷が入っていたことを考えると納得せざるを得ない。

 

R35純正部品といえども状態によって大きく査定は変わる

 

 

中古車購入時から片側だけ黄ばんでいたヘッドライトは6000円。新品価格で15万円以上するものの、黄ばみに加えて傷も複数あったことから、相場よりも低めの査定となった。
 

 
点灯チェックを問題なくクリアしたテールレンズは、細かい傷や汚れはあったが通常相場価格の5000円の値がついた。
 

 
「片側が歪んでいて塗装も微妙で、値段がつけられません…」となってしまったのが、サイドステップ。保管状態が悪く、曲がってしまったのが悔やまれる。
 

 
リヤバンパーは歪みや傷もあって最悪の状態。さらにエンブレムも無かった事から、買い取り価格はゼロ…。一方、リヤアンダースポイラーは傷はあったものの、塗装+メカドルステッカーの付加価値がドレスアップとして認められ(!?)1000円の値がついた。
 

 
埃まみれのリヤスポイラーは「目立つ傷が無く、綺麗な状態」とのことで、相場以上となる5000円の査定だった。
 

 
流用チューンにも使える定番のホイールということで、傷が多くてやや査定額は相場を下回ったものの、今回一番の金額を叩き出した。そのお値段は6万円だ。
 

売ったお金を軍資金にお宝パーツを物色!

 

横浜町田総本店はアップガレージ随一の品揃えということで、あらゆるジャンルのパーツがフロアにギッシリ! 3階にはエアロ専用コーナーも設けられていたのだ。

 

店内には、純正部品やチューニングパーツが所狭しと並び、意外な掘り出し物に出会うことも。シルビアやランエボ、インプレッサといった人気車種ほどではないが、R35GT-R用パーツもそこそこ見かけた。

 

 
展示されていたR35純正ブレーキキャリパー&ローターの前でフリーズするメカドルゆきちゃん。以前からローター交換を検討していただけに気になったようだが、キャリパーとのセットで24万円という価格だったため、泣く泣く断念…。
 

 
店内には相談カウンターも設けられており、店頭にはないパーツもアップガレージのウェブサイトを使って検索してくれる。
 

 
色々と物色した結果、サーキットで必須のHPI4点式レーシングハーネス&小物を購入! さらに「なかなかバラ売りしてないし、あると便利!」というメカドルゆきちゃんの判断で、マイクロファイバークロスとホイールエアバルブキャップもGET。金額は以下の通りだ。
 
HPIレーシングハーネス:1万1900円/Iボルト:2000円/マイクロファイバークロス:51円×2枚/ホイールエアバルブキャップ:100円×4個
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こうして終了したR35純正部品の一気売り。値段はさておき、放置しているパーツがお金に変わるというのは、やはり嬉しいものだ。次回は、メカドルRのサスペンションチューニングを予定しているのでお楽しみに!

 

●取材協力:アップガレージ横浜町田総本店 TEL:042-788-5445

 

【関連リンク】

https://www.upgarage.com/