「やりすぎだろ!と叫びたくなるワンダーシビック登場」これで走れるのだから不思議だ・・・

公開日 : 2020/03/23 05:30 最終更新日 : 2020/03/23 05:30

ワイヤータックの始祖が魅せる驚異のメイキング

 

この状態でもB18Cユニットはキッチリと吹け上がる!

 

近年、アメリカのJDMシーンで盛んになっているカスタム手法に「ワイヤータック」というものがある。これはその名の通りエンジンルームの配線類をタック(隠す)するというもので、エンジンルームをシンプルかつ綺麗に見せたいという目的から、今や広く浸透するようになった。

 

 

このワンダーシビックは、そんなシーンを意識し「極限のワイヤータック」を目指して製作された。オーナーのライアン氏は、実はワイヤータック用のハーネスを開発、販売している「Rywire」の代表でもあることから、自らの愛車で究極のワイヤータックを具象化したのだ。

 

 

エンジンとミッション以外は何も存在しない、驚異のエンジンルームを見ればその凄まじさが分かるだろう。

搭載されるエンジンはインテグラ・タイプR用のB18Cで、そこに55φという大径の4連スロットルを装着。さらに点火はダイレクトイグニッション化し、エンジンルームで目立つプラグコードをオミット。

 

 

バッテリーはレース用の小型ドライモデルをライト下に隠すように配置して、ラジエターもコアサポート内に目立たぬように設置して、エンジンルームからその存在を排除。これは「タックドラジエター」というRywireの製品で、ラジエターホースとヘッドカバーの色味を揃えている。

 

 

スロットルはドライブ・バイ・ワイヤ、つまり電制スロットル化されているのもポイントだ。AEMのマネジメントシステムで完璧に作動する上、スロットルの電子化やダイレクトイグニッション化は、パフォーマンスアップと共に配線の減少にも貢献している。

 

ちなみにバルクヘッドはスムージングされているのに、フェンダー側は穴が開いたままになっているが、これは「これだけエンジンルームにあった物を排除したんだよ」ということをアピールする為に、あえてそうしてるんだとか。

 

 

エンジンルームの配線をこれ1本に纏めている。ちなみに「Rywire」のハーネスキットは、元々レースカーのシンプルな配線にインスパイアされた物で、あくまでチューニングパーツという認識。カスタム専用パーツではなく、ハードユースに耐えるよう、MILスペックにも準拠したクォリティの部品を使用している。

 

 

車体は右ハンドルのJDM仕様。メーターパネルはカバーされ、そこにRacepakのデジタルディスプレイをセット。ステアリングをシフターを変更している以外、内装はフルノーマルをキープ。

 

 

足回りはHeelToe Automotiveのダンパーキットを軸に構築。ホイールは無限のCF-48で、タイヤにはGENERAL・G-MAX AS-03 (195/55/15)を履く。

 

 

カスタムといえば「足し算」というのはもはや昔の話。これからは「引き算」のインパクトも見逃せない。

 

Photo:Akio HIRANO TEXT:Takayoshi SUZUKI