「世界を震撼させたR35GT-R最強フォルム!」現代版シルエットフォーミュラの誕生

GTマシン顔負けの存在感を放つ究極系ドライカーボンボディ

 

東京オートサロンで話題をさらったLB最新エアロキットに迫る!

 
スーパースポーツにワークスフェンダーを組み合わせた“掟破り”のスタイルで、停滞しがちだったエアロシーンに一石を投じたリバティーウォーク。なぜ、これほどまでに火がついたのか。

 

 
それは、破天荒にも思えるフォルムの裏に、高級感と緻密に計算されたデザインワークがあるからに他ならない。そして、その根底にあるのは、リバティーウォーク独自の世界観である“ヤンチャ感”だ。

 

 

LBシルエットワークスは、そんなリバティーウォークが新たに立ち上げたブランド。アイデンティティとも言えるビス留めオーバーフェンダーを敢えて封印。全く異なるアプローチで、圧倒的な存在感を放つスタイルを構築してきた。それはもはや、シルエットフォーミュラのリバイバル。まるで、レーシングカーをそのままストリートへと駆り出したようなアグレッシブな造形は、まさに新境地と言える。

 

 
まず、フロントは純正に対して約180mmのロングノーズ化を敢行。グリル位置を低くした上で、グリル下のレインフォース部分を薄くデザイン。そうしてワイド化したボディとのバランスを整えているのだ。
 

 

フロント60mm、リヤ90mmワイドを達成するフェンダーは、前後ともアウトレットダクトを設けることで、タイヤハウス内に滞留するエアを積極排出。そこに収まるホイールは、アドバンレーシングGTの20インチ。エアサスも導入し、普段乗りも難なくこなす。

 

 

強力なダウンフォースを生み出すGTウイングもアグレッシブなデザイン。トランクはダックテール一体形状とした。ちなみに、GTウイングはスワンネックタイプも設定されている。

 

 
大胆な造形を見せるリヤディフューザーはスタイリングのアクセントとして、さらに空力パーツとしても必須のアイテムだ。マフラーはメイン90φ、テール120φ×4のFIエキゾーストを採用している。
 

 

心臓部に収まるのは、楽に1000psを超える4.3L仕様のVR38DETT改。HKSのGT1000+タービンをインストールするが、トルクフルなので普通に街乗りできるのもポイント。パワーチューンはHKSテクニカルファクトリーが担当した。

 

 

ちなみに、このボディキットはプライスも弩級で、FRP製キットが346万5000円〜、FRP&ドライカーボン製となると555万5000円に達する。

 

あらゆる意味で究極のエアロシステムというわけだが、東京オートサロンでの発表後、すでに世界中から30セット近いオーダーを受けているというから恐れ入る。世界のセレブリティ達は、依然としてリバティーウォークを求めているのだ。

 

●取材協力:リバティーウォーク TEL:0561-51-0001

 

【関連リンク】

リバティーウォーク

https://libertywalk.co.jp/