「86/BRZのボルトオンターボ仕様ってどのくらい速いの!?」完全合法仕様で最高速アタック!

公開日 : 2020/03/14 06:30 最終更新日 : 2020/03/14 06:30


ストリートでも堂々と乗れる車検対応の完全合法スペック!

 

サイズを吟味したボルトオンターボに死角はなかった!

 

86&BRZのパワーチューニングにおいて、HKSのスーパーチャージャーシステムと人気を二分するトラストのボルトオンターボキット。T518Zタービンを軸に構成され、シャープな加速特性で街乗りからサーキットまでオールラウンドに対応できる懐の深さが自慢だ。そんなターボキットの性能を探るべく、今回はトラストのデモカーを高速周回路に持ち込んで最高速アタックを敢行した。

 

オリジナルのエアロパーツで武装したトラストのデモカーBRZ。

 

「このデモカーは、全国のイベントなどでお客さんにターボ仕様の魅力を知ってもらうために製作しました。ワンオフパーツなどは使用せず、市販のT518Z-10cm2ターボキットをポン付け。エンジン本体はもちろんインジェクターや燃料ポンプもノーマルのままです」とトラスト広報の川島さん。

 

トラスト自社製ターボキットはエキマニやインタークーラーも同梱されている。

 

心臓部のFA20はトラスト標準のキットに、オプションの強化アクチュエーターと専用データ入りECUを追加したブーストアップ仕様。過給圧を0.8キロ(標準仕様は過給圧0.45キロで約260ps)まで引き上げテ300psをマークする。スポーツ触媒付きの完全合法スペックで、パワーバンドが3000〜6500rpmと幅広いのも特徴だ。

 

トラストではT518Z以外にもT517Z、T620Z、TD06SH−20Gなど幅広いターボキットをラインナップしている。

 

様々なサイズをテストして一番バランスが良かったというT518Z-10cm2は、熱害にも配慮してタービンの遮熱板も付属。また、燃費も加味されたECUデータとなっており、これまで3万5000km走行のデモカーの平均燃費は10.5km/Lと上々だ。

 

バンパー開口部にはキット付属のインタークーラーが鎮座する。オイルクーラーはトラストオリジナルの10段。

 

バンパー開口部に収まるのはキット付属の前置きインタークーラー。FA20ユニットは油温が上昇しやすいので、サーキット走行をするならオイルクーラーも追加したい。最高速アタックの日は外気温30度を超える酷暑の中、油温のピークは約100度と安定していた。

 

 

足回りはGReddyハイパフォーマンスダンパーで、スプリングレートは前後ともに8kg/mmと吊るしのまま。リヤスプリングに250mmのバリアブルスプリングを採用することで、十分なリバウンドストロークを確保している。フロントはキャンバー調整も可能なピロアッパーマウントも付属する。ちなみにファイナルはノーマルの4.1だ。

 

最高速スペックということでタイヤは前後19インチと大径のものを装備。

 

ブレーキキャリパーは前後ともD2製で、フロントが8ポット、リヤが4ポット。ローターは前後共に330mmと超強靭。ホイールはグラムライツのトランセンドの19インチで、タイヤにはTOYOのコンフォートスポーツモデルであるプロクセスT1スポーツをセットする。快適性と走行安定性を高次元で両立するパーツチョイスだ。

 

 

室内はエアコン&オーディオも付いた快適仕様。ダッシュボード上にはマルチメーターのインテリジェントインフォタッチ、ステアリングコラム上にはブーストコントローラーのプロフェックがセットされる。

 

マフラーにはパワーエクストリームRを装備。もちろんスポーツ触媒を備えた合法仕様だ。

 

さりげなくドレスアップできるハーフタイプのフロントスポイラーやウイングもオリジナル。小ぶりながらしっかりとダウンフォースを稼げる形状となっている。また、マフラーはメイン70φ→60φ×2、出口115φ×2を採用するパワーエクストリームR。絞りなしのフルストレート構造で排気効率をアップする。

 

ボルトオンターボ仕様のBRZで高速周回路をアタックする稲田大二郎。

 

このチューンドをバンクで走らせたDaiこと稲田大二郎は「バックストレートでは6速6600rpmまでストレスなく回って、メーター読みの最高速では260km/h近くまで出たよ。サイズはそれほど大きくないボルトオンターボだけど、過給機ならではの加速力が味わえた。この速さが50万円程度で手に入るんだから、良い時代になったよな」とコメント。

 

 

実際の計測データ結果は248.48km/h。2.0Lとしてはかなりの数値だが、面白いのは0-180km/h加速タイム。フルノーマル(前期型86)が26.24秒だったのに対し、トラストのターボ仕様は19.22秒と、その差は圧倒的だったのである。現実的なチューニング費用でも、ここまでの性能アップが期待できるということをトラストがきっちり証明してくれた感じだ。

 

●問い合わせ:トラスト TEL:0479-77-3000

 

【関連リンク】

トラスト

https://www.trust-power.com