「ランタボといつまでも」オーナーの想いをオールドミツビシ専門ショップが支え続ける!

エンジンはコストパフォーマンスに優れるG62B改2.0L仕様!

 

オールドミツビシを知り尽くしたチューナーが手がけたホットモデル

 

FRセダンのランサーEXに1.8LターボのG62Bエンジンを搭載し、1981年に登場したA175Aランタボ。手頃なサイズのFRターボというパッケージが人気を呼び、峠の走り屋達に愛されたモデルだ。

 

 

当初はインタークーラーレス仕様だったが、1983年のマイナーチェンジで他社に先駆けて前置きの大型インタークーラーを導入。さらに社外エアロを思わせるFRP製フロントバンパーを装備し、世間をざわつかせた。

 

 

今回紹介するのは後期型で、三菱旧車専門のエキスパートショップとして知られる“シリウス”がメンテナンスを請け負う1台だ。

 

 

エンジンはオーバーホールと同時にG63Bのピストンを組み込み、各部に手を入れることで2.0L化。最高出力は140ps、レブリミットは7000rpmに設定されている。

 

 

ホイールは往年のアドバンラリー。ラリーやダートラで活躍した車両という時代考証もバッチリの選択だ。サイズは14×6J+22、タイヤにはディレッツァDZ101(195/60-14)を組み合わせる。スタビはarc製、LSDは純正強化だ。

 

 

外装はノーマルをキープ。今では当たり前のドアミラーだが、A175は前期型がフェンダーミラーで後期型でようやくドアミラー化されたのだ。ちょうどミラーに関する規制が撤廃(1983年)された時期だったのだ。

 

 

80年代を感じさせる直線基調のデザインが採用されたインパネ。100キロを超えると速度警告チャイムがなり、リミッターは配線カットで行えるなどアナログな部分が多い。ステアリングはMOMO、シートはブリッドのバケットを奢る。

 

 

「ランタボって、ランエボ同様に標準車と比べて各部が強化されているんですよね。エンジンは純正流用で2.0L化するコスパ重視のメニューを敢行していますが、この他にも様々なスペックを用意していますよ」とシリウス関代表。

 

続けて「今でも引き合いの多いモデルですが、外装パーツを中心に欠品が多いのがタマにキズ。でも、個人的に思い入れの強い車種なので、オーナーさんが維持していくための努力を続けていこうと思います」と熱く語る。

 

 

この時代のチューンドベースは純正パーツの大半が製廃になり、もはや維持していくことすら困難な状況だ。しかし関代表のようなチューナーが存在するかぎり、オールドミツビシがこの世から消滅する事はないだろう。

 

●取材協力:ECI-TURBOプロショップシリウス 埼玉県草加市柿木町483 TEL:048-935-5773

 

【関連リンク】
ECI-TURBOプロショップシリウス
https://www.eci-turbo.com/