「SW20にオープンモデルがあったって知ってます?」8台しか存在しない最終Ⅴ型ベースのMRスパイダーを捕獲【ManiaxCars】

公開日 : 2020/03/10 06:30 最終更新日 : 2020/03/10 06:30


背後から飛び込んでくる3S-GEのサウンド。ソフトトップは雨風をしのぐだけの簡易タイプ!

 

III型以降に設定されたスペシャルモデル。製作はTRD(トヨタテクノクラフト)が担当!

 

1989年10月に発売され、99年まで生産された2代目SW20型MR2。マイナーチェンジによって足回りやエンジンのリファインが重ねられ、その年次によって最初期I型から最終V型までが存在する。

 

TRD(トヨタテクノクラフト)が、限定100台の受注生産でMRスパイダーを発売したのが96年2月だから、ベースのMR2はIII型からIV型に切り替わる直前だった。

 

 

MRスパイダーは、完成車両をトヨタテクノクラフトに持ち込んでルーフをカットするという作業を実施。生産台数はプロトタイプ3台、III型74台、IV型7台、V型8台の計92台で、プロトタイプを除く89台が販売されたとアナウンスされている。ベーシックグレードGがベースだから、MRスパイダーには電動格納ミラーが装備されない…なんて話は小ネタとして使えそうだ。

 

MRスパイダーが他の国産オープンカーと決定的に違うのは、「屋根を閉められるクルマ」ってこと。ナニ言ってんの? と思われるかもだけど、普通オープンカーってのは「屋根を開けられるクルマ」だから、そもそもの発想が逆なのだ。

 

 

常にオープンで乗ることが前提のMRスパイダーは、だからソフトトップがビニール製の簡易タイプで、しかも脱着式ってわけ。要は雨をしのげればオッケーなので、ソフトトップの耐候性や遮音性は考える必要がないし、実際のところ考えられてもいない。

 

 

取材車両のソフトトップは傷みが激しかったこともあって、フレームを活かしながら新たにキャンバス地でつくり直したそうだ。ソフトトップはフロントロック2ヵ所、クォーターピラーロック2ヵ所、ホック15ヵ所で固定される。

 

 

ソフトトップは開閉式でなく脱着式というのが他の国産オープンカーとの大きな違い。取り外したら折りたたんでシート後方のスペースに収納する。フロントロック2ヵ所にぺルト&フックを引っかけて固定できるようになっている。

 

「そんな程度なんで雨漏りは当たり前。洗車時も車内に水が…」とオーナーのIくん。言われるがままにカタログを見たら、「ソフトトップをかけた状態でも一部雨水が浸入することがありますのでご了承ください」なんて一文が! それも、下の方の小さくて読めないような注意書きでなく、正々堂々ソフトトップの説明書きとして(笑)。いくらTRDの特装車両とはいえ、その振り切れぶりが見事。「文句言うヤツは乗らなくていいから!」と、メーカーがユーザーを選ぶというか突き放すというか、そんなスタンスに激しく同意だ。ユーザーの顔色をうかがって迎合してばかりな最近のメーカーには、男前なTRDをぜひ見習ってほしい。

 

 

外装における大きな特徴が、左右に大きな膨らみを持つフェアリング形状とされたエンジンフード。センターにルーバー、左右にメッシュのアウトレットダクトが備わる。

 

 

また、雨水などが直接エンジンにかからないよう、フード裏にはターボ用パネルが装着されるのも特徴と言える。

 

それと、オープン化にあたってフロア周りの補強は一切なく、目に付くところだとターボ用リヤタワーバーの追加くらい。あと考えられるとしたら、カットしたBピラー周辺が補強されてるかもだけど、調べきれなかった。ただ、ガッツリ補強していないのは車重からも明らか。普通はオープン化に伴って最低でも50kg以上重くなるのに、MRスパイダーはベース車Gの1210kgに対し1230kg(ともに5速MT車の数値)と、たった20kgしか増えていないのだから。

 

 

リヤミッドに搭載される3S-GE型エンジン。最終Ⅴ型に載るのは吸気側カムに連続可変バルタイ機構が与えられたVVT-i仕様だ。最高出力200psを7000rpmで、最大トルク21.0kgmを6000rpmで発生する高回転型ユニットで、吸気音を“聴かせる”チューニングも施される。

 

どっちにしろ希少なこと確実なMRスパイダーだけど、取材車両は生産わずか8台というV型。しかもV型専用ボディ色ベージュマイカメタリックは、この1台しか存在しない激レアぶりだ。

 

 

外装ではブラックメタリック塗装のAピラーとフロントウインドウ枠、グロスブラック仕上げのドアミラーも独自の表情を生み出すのにひと役買っている。

 

 

ステアリングホイールに赤いステッチが入らないことから、ベースはGリミテッドではなくGということがわかる。また、ステアリングスポークが4本から3本になり、メーターの目盛りが赤になるのはIV型からの変更点。タコメーターのレッドゾーンは7250rpmからだ。

 

 

V型ベースのMRスパイダーには標準車とSパッケージが存在。取材車両は標準車で写真のシートが装着されるのに対して、Sパッケージは座面と背もたれのセンター部がブルーになり、それに合わせてドアトリムもコーディネートされる。

 

試乗は西湘バイパスで。生産台数の少なさに加え、MR2ベースのオープンカーってこともあって特別感は十分。たまたま遭遇したS2000から、ビシビシ視線を感じたのは言うまでもない。車内への巻き込みがけっこう激しいけど、クルージングしながら全身で風を感じられるのが気持ち良い。

 

状況を確認したら2速まで落としてフル加速。VVT-i仕様の3S-GEはレスポンスが良いし、7000rpmまでシャープに吹け上がるし、エンジン回転に合わせてパワーもしっかり付いてくる。背中越しに飛び込んでくる吸気音が、右足に力を込めさせる。

 

 

ボディは割とユルめだ。真っ直ぐ走っていても路面から入力があるとAピラー付近がブルブルッ…と震えるし、レーンチェンジではステアリング操作に対して一瞬遅れてリヤが追従。もうひとつ言えばボディのねじれ感もある。でもね、MRスパイダーはこれで良いと思う。ここまで純粋かつストイックにオープンカーであることを追求した国産車など、他にはないのだから。

 

■SPECIFICATIONS

車両型式:SW20

全長×全幅×全高:4170×1695×1245mm

ホイールベース:――mm

トレッド(F/R)――/――mm

車両重量:1230kg

エンジン型式:3S-GE

エンジン形式:直4DOHC

ボア×ストローク:φ86.0×86.0mm

排気量:1998cc 圧縮比:11.0:1

最高出力:200ps/7000rpm

最大トルク:21.0kgm/6000rpm

トランスミッション:5速MT

サスペンション形式:FRストラット

ブレーキ:FRベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(F/R):195/55R15/225/50R15

 

TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)