「第二世代GT-Rはブーストアップも面白い!」純正タービンとは思えないハイレスポンス&フラットトルク仕様!

公開日 : 2020/03/02 15:00 最終更新日 : 2020/07/25 16:27


低回転域のトルク不足を補う燃圧&バルタイ+CPチューニング!

 

BNR34用リヤメンバー流用でトラクション性能を大幅アップ!

 

高回転域を得意とするRB26DETTは、そのぶん低回転域のトルクが細くストップ&ゴーが繰り返される街乗りではストレスを感じる場面も少なくない。このBNR32のオーナーも、通勤で山をひとつ越えるという環境の中で、「小さなカーブの連続区間では気持ち良く走れなかった」という。
 

エンジン本体はノーマル。最大ブースト圧は1.1kg/cm2に設定。

 

「低回転域のトルクが細いのはRB26DETTの性格ですからね。まずは下からでもトルクが出る方向にバルタイを変更します。次に調整式のレギュレターによって燃圧をノーマルの3.05キロから3.3キロまで上げるんです。するとガソリンの霧化が促進されてアクセルのツキが良くなるんですよ。さらにはバルブクリアランスをウチ独自の数値にして、仕上げとしてCPチューンで整えます。ここまですることで、エンジン特性はノーマルのフィーリングからグンとアップして、ハイレスポンスかつ全域フラットなパワー&トルクが得られます」と、カーショップポルシェの藤本代表。

 

そのチューニングは効果絶大で、エンジンは2500回転からでもシッカリとブーストがかかり、そのままレブリミットまでスムーズに吹け上がる特性に生まれ変わった。抜群のレスポンスとフラットなパワー&トルク特性は街乗りを容易にし、サーキットでのタイムアップの武器になることは言うまでもない。

 

サスペンションもカーショップポルシェのスペシャル品だ。

 

こうして得た380psを活かしきるために、足回りはBNR34のリヤサスメンバーをオリジナルの変換ブッシュを使って完全移植。メンバー搭載位置がボディ側に近づきロワアームの角度が適正化されるだけでなく、変換ブッシュは中芯スチールでデルリン材を使った作りとなっているので取り付け剛性も向上する。

 

 

サスペンションにはジールファンクションのポルシェSPL車高調をセット。スプリングはX-COILSでレートはフロント16kg/mm、リヤ14kg/mm+ヘルパーだ。アッパーアームおよびテンションロッドは調整式に変更済み。ブレーキはエンドレスの6ポットキャリパー+355mmローターを奢る。

 

室内はロールケージを装備しているものの内装等は全て残したストリート仕様。

 
「剛性を上げたいけど、使い勝手を犠牲にしたくない」というオーナーの意向から、室内は4点式+サイドバーのリフレッシュバーを投入。さらに、フロア補強バーやストラットサイドタワーバーなどでボディ剛性を引き上げている。
 

こうしたトータルチューニングによって、街乗りでは以前よりもスムーズなドライブが可能になったのはもちろん、サーキットでのタイムアップも達成。まさに一石二鳥のメイキングというわけだ。最高速仕様やサーキットマシンのレコードブレイカーを数多く手掛けてきた、カーショップポルシェのライトチューンは奥が深いのである。

 

●取材協力:カーショップポルシェ 山梨県南アルプス市東南湖952-2 TEL:055-284-0813

 

【関連リンク】

カーショップポルシェ

http://www.polsche.com