「750馬力のS30ZをNOB谷口が試す!」軽量ボディにRB30改3.4Lターボ仕様はジャジャ馬すぎる!

ロッキーオートが確立した快適&快速なネオ旧車を公道試乗!

 

獰猛さと快適さという相反する要素を両立させた超バランス仕様

 

独自の理論で、『気軽に乗れる旧車チューン』を確立した老舗“ロッキーオート”。このサンマルZはその粋ともいえるもので、RB30改750psを搭載しながらも、快適に街乗りできるスペックに仕立てられている。そんなロッキーオート自慢のチューンドを、レーシングドライバーの谷口信輝選手が斬る。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「快適かつ快速、それでいながら旧車ならではの面白さも秘めたマシンだね」谷口信輝

 

 

いや、コレ、すんごく楽しいジャジャ馬。旧車特有の軽量ボディに750馬力なんて、危ないくらい面白いよ(笑)。

 

輸出用のスカイライン(R31)やオーストラリアのホールデン社に供給・搭載されていたRB30エンジンにRB26用を加工流用。さらに腰下を強化して3.4L化している。

 

エンジンは、輸出用のRB30ブロックをベースに3.4Lまで排気量を上げて、タービンにはTO4Zをセット。RB26チューンでは不可能なトルク感を目指したというけれど、凄いね。F-CON Vプロでの綿密な制御も合間って、とにかくトルクフル。パワーフィールも強烈だ。しかしこのサンマルZの真骨頂は、ただのフルパワー仕様じゃなくて、ロッキーオート流のトータルチューンで巧みに作られているところ。

 

コレクタータンクやバッテリーもトランクスペースに設置。室内を覆うロールケージがやる気を感じさせてくれる。

室内の安全タンクはリヤバンパー下から見えるような設置方法が取られていた。

 

まず、ボディは一度ドンガラ状態にしてからフルレストアを敢行。その際にスポット増しやフレームを追加しているおかげもあって、旧車特有の剛性の低さ+ヤレは確実に改善されている。室内を覆い尽くすロールケージはやりすぎ感もあるけど、それがちゃんと機能しているから納得しちゃうね。

 

オーバーフェンダーを取り付けた上で、ホイールはレイズの旧車用軽量ホイール「TE37V」をセット。タイヤはネオバ(225/45-17 R255/40-17)という組み合わせだ。

室内にはブレーキバランサーも備える。

 
サスペンションはアラゴスタベースのロッキーオートオリジナル車高調で、アーム類はピロ化されている。補強されたボディがプラスに作用して、しっかりと足が動いているし、ストリートに最適な乗り心地と路面追従性能を実現していると思う。ブレーキも大型のブレンボで安心感があるよ。サンマルZに17インチっていうのも意外性があって良いね。
 

クラシックなスタイリングのバケットシートもこのZの雰囲気を旧車然としたものに保つ上で大きな役割を果たしている。

 

ドライバーズシートから見たコクピット周辺の印象は往年のサンマルそのものなんだけど、油圧のパワステとエアコンが装備されているから不思議な感じ。まるでレーシングチューンとストリートチューンがミックスされたような雰囲気って言うのかな。

 

いわゆるスパルタンな旧車チューンとはひと味違う。もちろん、細部まで綺麗にレストアされているのも好印象。旧車って室内がヤレているケースが多いけど、このくらい綺麗にされていると、潔癖(!?)な僕としては非常に気持ち良い。

 

ヘッドライトはHID化してリフレッシュ。嫌味さのでない近代化チューンとして有効な手段だ。

 

細かいところでヘッドライトがHID化されているのも高ポイント。これだけでエクステリアがイッキに新しく見えるからね。

 

ワイドボディに極太のタイヤホイールの組み合わせが只者ではないオーラを醸し出す。

 

こんな仕様だから、ダラッと乗ると普通のクルマで、アクセルを踏むと凶暴に加速するチューンド。それでいてボディが軽いから意のままに操れる。そしてなぜか、旧車の味はシッカリと残っているからフェアレディZとしての楽しさや満足感が全く失われていない。こういうチューンドもアリ…というか、メチャクチャ魅力的だよ。

 

●取材協力:ロッキーオート TEL:0564-58-7080

 

【関連リンク】

ロッキーオート

http://www.rockyauto.co.jp