「上半分が510ブルで下半分がS13シルビア!?」速いドリフトを求めて禁断のニコイチに挑戦!

公開日 : 2020/02/27 06:30 最終更新日 : 2020/02/27 06:30


これは完全に「510ブルの皮を被ったシルビア」だ!

 

3ナンバー公認で街乗りもこなす魔改造ブルーバード

 

旧車でドリフトをするために、4ドアのP510ブルーバード(昭和44年式)にシルビアのエンジンと足回りを移植したという超絶チューンドの登場だ。

 

 

とにかく見どころ満載なのだが、中でも凄まじいのがボディワーク。ドリフトに最適なシルビアの動きを目指した結果、S13シルビアのフレームごと土台に使った“上下ニコイチ”車両を製作してしまったのだ。

 

簡単に言えば、下半分がS13シルビアで上半分が510ブル。つまり、エンジンやミッションを含むパワートレインや前後サスペンションは、PS13シルビアを寸法も変えずにそのまま使っている、というわけ。もはやラジコンのノリである。

 

ドリフト仕様とは思えないツラ構えだ。エアロパーツ類はワンオフとなる。

 

オーナーに話を聞くと、シルビアとして残ってるフレームはおおよそフロントのサスメンバーからリヤのサスメンバーまでのホイールベースにあたる土台部分とのこと。そこに510ブルのサイドシルから上を溶接して繋いでいるというから恐れ入る。

 

 

ホイールベースを比べると、S13が2475mm、510ブルが2420mm。当然タイヤの位置が510ブルとは合わないが、そこを自然と収めるために前後フェンダーハウスをワンオフで作り直したのが最も苦労したところだそうだ。その他、フロントリップ、サイドスカート、リヤアンダー、ウイングも全てワンオフ品となる。

 

ホイールはBNR32純正でセンターキャップはBBSというのがオーナーの拘りだ。

 

フロントメンバー位置はそのままで、510ブルのホイールアーチに合わせてテンションロッドでタイヤを後ろ側へオフセット。前後16インチ8J+30のBNR32純正ホイールに205/45サイズのネオバAD07を履く。トレッドは前後S13シルビアになるため、片側70mmのオーバーフェンダーで帳尻を合わせている。

 

フロントサスはシルビアのストラットをそのまま使う。車高調はGPスポーツのGマスターだ。

 

車高調はGPスポーツのシルビア用でバネレートはフロント8kg/mm、リヤ6kg/mm。ロアアームはイケヤフォーミュラ製をおごる。ステアリングラックにはS14のものを使っていた。当然ながら5穴で、キャリパーはBNR34で大径化している。

 

リヤサスはシルビアのマルチリンク。

 

リヤの足回りはセミトレ…ではなくシルビアのマルチリンク。大きな変更点はキャリパーがR32タイプMを流用していて、サイドがドラム式になってることだ。

 

 

サイドシルからは510ブルなので、当然Aピラーやバルクヘッド、ダッシュボード等は510ブルとなる。しかしミッショントンネルはS13用のため、シフトゲート位置やプロペラシャフト等は一切加工する必要ない。非常に不思議なクルマだ。

 

 

 

メーターはS13シルビア用を埋め込んでいる。

 

エンジンハーネス類はS13用をそのまま使用。メインメーターもS13用をうまくビルトインさせている。

 

アクチュエーター式のT517タービンを装備したSR20DET。制御はパワーFCだ。

 

心臓部のSR20DETはT517タービンで約280馬力を発揮するファインスペック。ちなみに純正がL16の1600ccで92馬力とのことなので、トリプルスコアだ。公認取得時の重量検査では約1100kgだったそうで、かなり軽量化されたシルビアくらいの重さとなる。

 

トランク部はP510ブルーバードだ。

 

燃料タンクは純正を廃して日産アトラストラック用をトランクスペースに設置。バッテリーも移設されている。

 

 

こうした魔改造のおかげでシルビアと同等以上のドリフトを繰り出せるようになったわけだが、オーナーはこの仕様で3ナンバー公認を取得し、街乗りも普通にこなしているという。まさに究極のネオ旧車だ。