「660ccで140馬力!? 力こそ正義の2代目コペン!」純正比2倍以上の馬力を武器にサーキットを爆走

抜群のボディ剛性を活かした本気のサーキット仕様!

 

腰下強化&IHIのF5タービンで140馬力を達成

 

兵庫県のコペン専門店「も。ファク」。コペンを知り尽くしている代表の森本さんにLA400K(2代目)について聞いてみると「L880K(初代)と比べて飛躍的にボディ剛性が高まっているのが特徴です。そのため、コーナリング性能は高いのですが、ノーマルではエンジンがつまらないんですよ」と言う。

 

コペンをサーキットで走らせて10年以上のも。ファク。この仕様以外にもポン付け100psキットなどを製作している。

 

そこで、このデモカーではノーマルエンジンのブーストアップ仕様から徐々にステップアップ。高出力化する上でネックとなるコンロッドを強化し、ピストンも加工。最終的に、IHIのF5タービンを組み合わせることで140psものパワーを引き出すまでに成長している。純正比2倍以上の高出力化、ハンパではない。

 

 

テール部分はスライド式で社外エアロ装着時のでテール位置調整が可能だ。価格は9万8000円〜。

 

マフラーはオリジナルで、フロントパイプ60φ〜中間パイプ60φ〜リヤピース50Φ×2〜テールエンド100Φ×2というレイアウト。低速トルクを損なうことなく2次排圧の低減に成功した逸品で、保安基準適合モデルとなる。

 

制御にはFコンVプロVer.4を使用。サーキット走行でのネガな部分を一掃している。

 
セッティングには、緻密なエンジン制御はもちろん、可変バルタイ機構や電子スロットルの調整まで可能なF-CON VプロVer4.0を投入。電子スロットルのリニア化に加えて、VSCによるスロットル開度の低下などを解消し、速さを引き出している。
 

も。ファクでは純正と同バネレートの車高調もラインナップするなど幅広いユーザー向けのパーツ展開を行なっている。

 

クラックスベースのオリジナル仕様サスペンションは、サーキット走行から街乗りはもちろん、ショー展示用などでの極低車高までをカバーする。リヤはL880Kで培ったノウハウを活かし、アクスル加工を施している。

 

オープンボディのコペンではロールケージの装着はサーキット走行の必須事項となる。

 
通勤快速仕様のため快適装備は全て搭載。ロールケージはサーキットを走るための安全装備として装着したもの。ベースのボディ剛性が高いため、補強パーツはフロントのタワーバーを装備するのみとなっている。

 

 

エンジンや補機類のアップグレードと、電子制御の最適化で楽しさを引き出したLA400K。富士スピードウェイ2分11秒台というベストタイムからも、そのただならぬ速さが分かるというものだ。
 

●取材協力:も。ファク 兵庫県川西市東畦野2-1-8 TEL:072-791-5559

 

【関連リンク】

も。ファク

https://mo-fac.com/