「アルテッツァを覚醒させるターボ化メニューに迫る」安全に300馬力超えを狙う老舗の技

純正パーツ流用+ターボ化で壊れにくく速いSXE10を作る

 

目指すはハイレスポンスな300psオーバー仕様!

 

デビュー前は「ハチロクの再来」などと騒がれたものの、チューニングベースとしての人気度はイマイチだったアルテッツァ。しかし中古車相場が下がって、様々なチューニングメニューが確立された現在は、逆に格好の素材だったりする。

 

 

数あるチューニング手段のなかで、パワーチューナーとして名高い“フナッツ”が推奨するのは、トラストのTD04H-19Tタービンキット(27万円)を軸にした過給機チューンだ。

 

インジェクター交換や前置きインタークーラーの使用、コンピューターのセッティングが前提となる。

 

基本設定はノーマルエンジンをベースに、インジェクターの交換やインタークーラーの装着で、ブースト圧0.7キロ時に約285psを狙うという内容。エンジン本体に手を入れていけば、さらにブーストアップできるところがこのターボキットのおいしい部分。ワンステップで進化できる要素を残したメニューなのだ。

 

 

TD04H-19Tターボキットを装着した場合、足りなくなるのがインジェクターの容量。しかし、3S-GT純正の540ccインジェクターに交換すれば、燃料ポンプを交換しなくてもブースト1.0キロくらいまで対応できるとのこと。

 

トラストがオプション設定している2層のアルミインタークーラーを装備。

 

ブーストをかけていくと吸気温度が上がっていくため、前置きインタークーラーの装着は必須条件。ターボキットにはインタークーラーが含まれていないため、取材車両は同じくトラストのアルミ2層インタークーラーTYPE28Eを装着して、熱ダレを防いでいた。

 

 

ポン付けターボ仕様でも十分な動力性能は得られるが、フナッツではハイパワー志向のアルテッツァ乗りに向けて、このターボキットを前提としたセカンドステップメニューも用意している。それが、3S-GT純正のコンロッドとピストンを組み込んだオーバーホール+αのチューニングだ。

 

「ターボキットを組んでも壊れては意味がない。だから、キチンとした耐久性を持つベースエンジンを作ってターボ化していくことが大切です。そういう意味からも、このTD04H-19Tキットと3S-GT純正パーツを使ったオーバーホールメニューというのは理想的なんです」と船津代表。

 

 

オーバーホールと同時に腰下の強度を上げつつ圧縮比を10:1まで下げることで、最大ブーストは1.0キロ以上が可能になる。そこから得られる出力は300psオーバー。どんなスポーツモデルとも真っ向勝負できる、快速セダンが完成するわけだ。

 

●取材協力:フナッツ 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎東松原2-6 TEL:042-513-9327

 

【関連リンク】

フナッツ

http://www.fnatz.com/