「オーバー300キロも狙える超速アルテッツァ」ステップアップが止まらない!気がつけば2JZターボ+オートマ仕様まで進化!

NAのようなハイレスポンスを誇る2JZ改TD06-25Gタービン仕様

 

オートマでイージードライブも可能な650馬力

 

元々は3S改ボルトオンターボ仕様として製作されたアルテッツァ。しかし、ターボパワーに耐えきれずATミッションが根を上げてしまう。そこでMTミッションに積み換えるが、今度はタービンの寿命が…。ここまで不具合が連鎖的に発生するような状態では、思いきり愛車を楽しむことができないと判断したオーナーは、JZS161アリスト用の2JZターボエンジンとATミッションの移植へと踏み切った。

 

エンジンは2JZだが、インタークーラーやオイルクーラーはトラストのアルテッツァ用を装備している。

 

アルテッツァにはNAの2JZ-GE搭載車が設定されていたため、エンジンの換装は比較的容易。また、チューニング適応度が非常に高い2JZは、ターボチョイス次第で簡単にオーバー500馬力を引き出せる。3Sベースで同じパワーを狙うことを考えれば、2JZ換装の方が安全で何かと手っ取り早いのだ。

 

タービンはTD06H-25Gを合わせ、最大ブースト圧2.0キロ時に650psを発揮する。

 

このアルテッツァが選んだタービンはウエストゲート式のTD06H-25G。ビッグシングルという部類のサイズではないが、それこそが狙い。ターボラグを感じさせないレスポンスに優れた仕様をコンセプトとしたマシンメイクが行われているのである。

 

普段の街乗り状態ではブースト圧を抑えているものの、ひとたび最大ブースト圧2.0キロをかけると、即座にトルクが立ち上がる俊敏なエンジンレスポンスに加え、ホイールスピンによるブラックマークを200メートル以上も残せるほどの強烈な加速をみせる。

 

サスペンションはテインのモノフレックスで減衰力を室内から調整できるEDFCも装備。ホイールはボルクレーシングCE28だ。

 

エンジンのパワーアップに伴ってブレーキも強化。JZA80用の対向4ポットキャリパー&ローターを移植することで、コストを抑えながらも制動力をしっかり確保。さらに、ファイナルギヤを4.1から3.7へと変更して加速特性をマイルドな方向へシフト。トップスピードも伸びて300km/hオーバーを狙うことができるスペックとしている。

 

アリスト用のATにスワップされているが、シフトゲートなどはアルテッツァ用をそのまま使用している。

 

Aピラーに追加メーターが設置されている以外は、シンプルなインテリア。JZS161用ATミッションを選択したことでイージードライブも楽しめる。

 

「ブーストのかかり方がジワジワではなく、一気に“パキッ!”って上がる感じで力強いです。特に大排気量エンジンとの組み合わせだとターボラグも気にならなくて最高です。NA感覚でハイパワーを操れるのは楽しいです」とオーナー。まさに理想的なストリート快速セダンが完成したわけだ。