「このS30Zはストレスフリーすぎる!」エアコン&パワステ完備で心臓部はハイレスポンスなRB25改6スロ仕様!

強靭なボディに快適なエンジン! 安心して乗れるセレブリティコンプリート

 

旧車を現代で乗るためのチューニング

 

S30Zと言ってもそのモデル編成はかなり幅広く、レース仕様として開発されたS20ツインカムユニット搭載車のZ432を筆頭に、排気量をアップしてGノーズと呼ばれるロングノーズスポイラーを装着した240ZG(L型2400cc)、輸出仕様のL型2600、2800cc搭載モデルなどが存在する。とはいえ、国内モデルの中心を占めるのはL20エンジンの搭載モデルだ。

 

エンジンはL型ではなく、スカイラインのRB25DEを換装している。

 

ここで紹介する車両は、そんなS30Zをベースに愛知県のロッキーオートが「当時、憧れていた」という世代に向けて提案しているフルレストア+RB25DEエンジン搭載のコンプリートモデルとなる。

 

 

その特徴は、時間やコストを省みずにフルレストアし、大幅なボディ補強を行って現在の交通事情にマッチするように仕上げていること。ちなみに、ロッキーオートがやみくもにパワーアップに走らず、RB25DEという決してハイパフォーマンスとは呼べないエンジンをユーザーに薦めるのは理由がある。それは、“シャシーや乗り手がパワーに負けると楽しいはずのカーライフが楽しくなくなってしまう”ケースが多いからだ。

 

スロットルはRB26純正を加工装着し、ファンネル仕様としている。

 

実際に、車重1000キロ程度のボディなのでNAチューンのRB25エンジンでも驚くほど軽快な走りを楽しませてくれる。なお、エンジン本体はノーマルではなく、吸気系にはRB26DETT用の純正6連スロットルをインマニ加工でインストール。排気系には完全等長のEXマニを組み、ハイレスポンスな240馬力を創出している。

 

エンジンマネージメントはF-CON Vプロが担当。

 

制御系は信頼性の高いF-CON Vプロを採用。燃調や点火時期、可変バルタイまで綿密にコントロールしている。240馬力と聞くと大したことないように感じるが、L型の3.0Lチューンと同等と考えていいだろう。

 

サスペンションはオランダの名門“アラゴスタ”の車高調をベースにしたオリジナルスペックを採用している。

 

一方の足回りは、アラゴスタベースのロッキーオートオリジナル車高調を軸に構築。アームも見直され、ストリートに最適な乗り心地と路面追従性能を実現している。

 

キャリパー&ローターの容量アップに合わせて、ブレーキマスターもR33スカイライン用を移植している。

 

ブレーキには前後を15インチローター化した上で、R32キャリパーやR33ブレーキマスター等を流用して根本からストッピングパワーを増強している。

 

カーボンダッシュボードがレーサーな室内。ステアリングはナルディクラシックだ。

 

室内はスパルタンなイメージだ。劣化して割れやすいダッシュボードは、カーボン製のダッシュカバーでリフレッシュ兼イメージチェンジ。

 

センターコンソールにインストールされたエアコンユニットは、R33スカイライン用だ。

 

エクステリアからは想像しにくいが、スカイライン用のオートエアコンも装備されている。レストア時にバルクヘッドを加工して自然に見えるよう装着しているのだ。

 

この手の旧車は重ステが基本だが、快適性を追及して電動パワステ化している。

 

さらに快適性を徹底追及し、ステアリングシャフトを改造して電動パワステを装着。電動タイプは省スペース設計で油圧タイプに比べてパワーロスも最低限だ。

 

 

エアコンはバッチリ作動し、ステアリングもパワステのおかげで子供でも楽に回せるレベル。旧車好きはストックのエンジンに拘る人も多いが、40年以上前のモデルとは思えない快適性と鋭く吹け上がる直6の走りを体感すると、これはこれでアリかも…と思うはず。それほどまでに違和感がないのだ。興味あるユーザーは、一度ロッキーオートを訪れてみてはいかがだろうか。

 

●取材協力:ロッキーオート TEL:0564-58-7080

 

【関連リンク】

ロッキーオート

http://www.rockyauto.co.jp