「180SXへの強い想いが生み出した必勝スタイル」80年代の熱き時代をリスペクト!

スタルジックなスタイルの中に高機能を追求!

 

ベンソープラとロケットバニーのコラボレーションで誕生

 

気鋭のエアロパーツメーカー“ベンソープラ”が、かつて試験的に製作した競技ドリフト仕様の180SXの登場だ。注目はエクステリア。代表の上田さんは生粋の180SXマニアで、「ワンエイティにずっと乗り続けていくためにも、その時々のトレンドを取り入れて進化させていきたい」と、新感覚のワイドボディキットの開発を、懇意にするTRA京都に提案したのだ。

 

フロントのトップが軽く反り上がるデザインを取り入れたフロントディフューザー。両サイドにはカナード形状も取り込まれ、フロントのダウンフォース獲得を意識した設計がなされている。

 

ベンソープラが求めたのは、古き良き時代の、ノスタルジックな雰囲気が漂うシンプルな造形と、最先端のチューニングテクノロジーが融合したスタイル。1980年代のストリートチューンドのイメージを継承しながら「タイヤをもっと太く、トレッドもまだまだ広げたい」という欲求も存分に反映させ、フロント+60mm、リヤ+70mmのグラマラスボディを完成させた。

 

265/35-18のフェデラル595RS-Rと11.0J×18+16のエンケイRS05RR(スペーサー20mm)を難無くインストールする。

タイヤ&ホイールのサイズはフロントと同じく、265/36-18&11.0J×18+16だが、スペーサーはさらに10mmを追加し、計30mmに設定。

 

ブリスター形状ともオーバー形状とも取れるフェンダーは、295幅などの超ワイドタイヤを履くことも可能。サーキットユースにおいても絶大な効果を発揮することは確実だ。

 

フロントは片側60mmワイドの設定となる。

リヤはノーマル比+70mmにまでワイド化。トレッドの拡大に貢献している。

 

また、リヤに至っては「バンパーはない方がカッコ良いかも?」という大胆な発想から、あえてリヤバンパーレス仕様としているのが個性的だ。

 

リヤのバンパーレスを前提に開発されたリヤディフューザーがインパクト抜群だ。

 

とはいえ、単にリヤバンパーを撤去しただけではチープなイメージが強くなる。そこで、アンダー部には魅せるための複雑なディフューザーを与えることで、バンパーレスのフォルムを成立させているのだ。アルミ製のフラップは大きなダウンフォース効果を発揮。両サイドには翼端板も設置され、リヤタイヤが巻き上げた空気の流れを乱すことなく、スムーズに後方へと導く効果を持つ。

 

フロントフェンダーから丸みを帯びたラインでつながるサイドステップ

 

サイドセクションは、曲面を中心に構成する180SXのシルエットに合わせて、張り出しもなくスッキリと極めてシンプルに仕上げられている。ビス留めであることをあえてアピールしたノスタルジックな演出が、往年のチューニングカーを連想させる。

 

かなりの低車高ではあるが、サーキットにドリフトとスポーツ走行をこなせるような仕上げも見どころ

 

ちなみに、取材車両はHKSのキットで2.2L化されたSR20DETエンジンにTD06-25Gタービンをセットした550ps仕様。高機能なエアロパーツの性能を存分に発揮させ、迫力ある走りでギャラリーにアピールできるドリフトスペックに仕上がっている。

 

●問い合わせ:TRA京都 TEL:0774-43-3242/取材協力:ベンソープラ TEL:0774-26-6984

 

【関連リンク】

TRA京都

http://www.tra-kyoto.com/

 

ベンソープラ

http://bensopra.com/