「全身から溢れるハチロク愛」AE86を乗り継ぐオーナーが辿り着いた真の快適仕様

トラブルフリーを目指したファインチューニング

 

AE86マニアの願望を詰め込んだ欲張り仕様!

 

色々なクルマを乗り継いでも、結局戻ってきてしまう…。AE86はそんな不思議な魅力を持つとよく聞くが、このマシンのオーナーも、そんな魔力に取り憑かれた一人だ。

 

フロントバンパーはCBY、ボンネットはブラックダイヤモンドのカーボン製を選択。

 

「このハチロクは2台目なんです。前に乗っていたハチロクは、トラブルが多くて手放してしまったのですが、やっぱりまた乗りたくなって…。そして、ATフルノーマルのトレノを買ってイチから理想のチューンドに育てようと思ったんです」とオーナーは語る。

 

エンジンはAE111用に搭載された数世代後の4A-GEにスワップ。4スロやシルクロードEXマニ等で吸排気を煮詰めた上、フリーダムで制御する。

 

「以前に乗っていたAE86では実現できなかったことを全てカタチにした」と言う2ドアトレノは、たまにサーキット走行も楽しむ通勤快速仕様。ミッションはATからMTへと載せ換え、エンジンも扱いやすいAE111の5バルブ4A-GEをスワップした。

 

リヤバンパーはジュビライドをベースにダクト穴あけ加工、リヤディフューザーはH.P.C工房、トランクはブラックダイヤモンドのカーボン製だ。

 

そして、エクステリアはジェイブラッドのブリスターフェンダーをはじめ、カーボンカナードやリヤディフューザーで武装し、古さを感じさせないどころか非常にモダナイズされたフォルムを実現している。

 

フェンダーは前後ともにジェイブラッド製サイドステップはCBY製。ホイールはワタナベのエイトスポークRタイプ(15×8.5J-6)を組み合わせる。

 

中でも注目したいポイントが、前後のブリスターフェンダーだ。スッキリと魅せるためにリベットとパネルボンドで固定した後、パテ埋めによってスムージングを敢行。さらにインナーフェンダーを製作することで、至って純正風の仕上がりを見せる。もちろん、3ナンバー公認も取得済みだ。

 

メーター類はデフィで統一。シートは運転席にレカロSP-G、助手席にSR3をチョイス。

タコメーターはデフィの115Φの大型のものを装着する。

 

また、このトレノはファミリーカーとして活躍していた時期もあるため、家族4人が乗れるように後部座席は全て残し、ロールケージも居住性を犠牲にしない6点式をチョイス。走りとスタイリング、そして快適性まで考えてバランスよくチューニングされているのだ。

 

ロールケージなども装備されているが、見た目にはほとんど分からないシンプルなエクステリアに仕上がっている。

 

そして何よりオーナーが追求したのは、とにかく“壊さないこと”だと言う。「ハチロクをはじめ、これまでたくさんのスポーツカーに乗ってきましたが、どれも壊れて嫌になってしまった。だから、このトレノに関しては絶対に壊したくないという意気込みで、カリカリではなく耐久性や扱いやすさを重視して作っています」。

 

バフ掛けされた美しい4連スロットルがエンジンルームを飾る。オーナーの拘りが感じられるポイントだ。

 

これまでの苦い思いを糧に生み出されたオーナーの愛車。まさしく、AE86の変わらない魅力をそのまま具現化したものと言えるだろう。

 

SPECIFICATIONS

◾️エンジン&駆動系:AE111用エンジン換装/TRD 0.8mmガスケット/フリーダム ECU/シルクロード EXマニ/CBY ステンレスエキゾーストオーバル/日産純正電動ファン/AT改MT換装/TRD LSD/Cs クイックシフト ◾️サスペンション&ブレーキ:CBY オリジナルサスペンション/TRD 強化ブッシュ/ウィルウッド 4POTキャリパー、スリットローター(FR)/クスコ タワーバー、ロワアームバー/ジュビライト トライアングルバー ◾️エクステリア:CBY フロントバンパー、サイドステップ/j-Blood ブリスターフェンダー(FR・3ナンバー公認取得済み)、バンパーステー/ブラックダイヤモンド カーボンボンネット、カーボントランク、カーボンガーニッシュ/ジュビライト リヤバンパー(ダクト穴開け加工)/H・P・C工房 カーボンカナード、リヤディフューザー、ボーテックジェネレーター/各バルブ HID化/レイブリック マルチリフレクター