「見た目はノーマル風のZ31だけど・・・本気オーラは隠せてません!」直線番長を狙って600馬力オーバーのフルチューンRB26を搭載!

心臓部は高回転型のRB26改2.7L+T88-33Dタービン仕様!

 

純正然としたスタイリングに600馬力の強心臓を換装

 

ドラッグレースを中心に、ハイパワーチューンにかけては無類の強さを誇るブラックライン。このZ31は、そんな同社が手がけたドラッグ&ストリート仕様となる。

 

 

Z31は日本がバブルに向かう1983年にデビューしたこともあり、豪華装備に加えてモデル設定は非常に多い。エンジンだけを見ても、前期・後期を通してVG20ET、VG30ET、VG30DE、RB20DETというラインナップを誇った。今回取材したZ31のベースは、前期のナローボディでRB20DET搭載モデルだ。

 

ドラッグレースは高回転領域での伸びが重要となるため、RB26DETTはストロークアップはせずにボアアップで2.7L化している。

 

エンジンは、HKS製の鍛造ピストンとライジング製のH断面コンロッドで強化したRB26改2.7Lへと換装。高回転での伸びが鈍るストロークアップを嫌い、あえて87φピストンでのボアアップという方向性を選んでいるのがいかにもドラッグ仕様らしい。

 

タービンはT88シリーズの中で最も小さな33Dを選択。レスポンスを追求した結果だ。

 

タービンはトラストのT88-33Dで、最大ブースト1.5キロ時に600psオーバーを発揮。インタークーラーはGT-Rサイズを組み込んで過給時の加熱を取り除く。

 

排気系は76.3φフロントパイプに80φマフラーという組み合わせ。

 

エキゾースト環境はブラックラインによるワンオフ品を装備。ドラッグ仕様ではあるが、実用域でのトルク確保と抜けの良さも追求して製作したという。
 

タイヤは255/50−16のフージャードラッグラジアル、ホイールはBNR32純正を履いている。

 

足回りは、ストリート仕様でありながらもセットアップはかなりドラッグに傾倒したものとなる。トラクションのかかりにくいリヤのセミトレーディング式サスは、セットアップ幅を広げるためトラストのショックアブソーバーを流用し、コイルオーバー式へと変更。スプリングレートはフロント5kg/mm、リヤ3kg/mm。加速に合わせて荷重がリヤへと瞬時に移動し、トラクションを高める仕様だ。

 

ブラックラインの人気メニューであるミラーメーターホルダーは、車両に合わせてワンオフで製作される(価格応談)。

 
室内のミラー位置にはブラックラインで製作されているミラーメーターホルダーを設置。視認性に優れ、ファッション性も非常に高いことから人気となっているメニューだ。製作や対応車種に関しては要問い合わせとのこと。
 

リヤ上がりの車高がドラッグ仕様であることを物語る。

 

快適装備はしっかりと残し、LSDもアクセルオフ時には引きずりの少ないクスコのRSを採用するなど、十分なコンフォート性を持たせたZ31。外観は至ってノーマル風だが、只者ではないオーラを隠しきれていないその佇まいは、まさにリアルチューンドのそれだ。

 

●問い合わせ:ブラックライン 埼玉県川越市下広谷690-1 TEL:049-239-6667

 

【関連リンク】

ブラックライン

http://www.blackline-racing.com