「トヨタ86にアメリカンV8を換装!?」世界に誇れるジャパニーズチューンドを目指した衝撃作!

公開日 : 2020/02/13 11:00 最終更新日 : 2020/02/13 11:00

FA20を捨て去りLS1ベースの8連スロットル仕様を搭載!

 

轟自動車が世界のカスタムカーシーンに向けて製作した超異端V86

 

日本車のチューニング&カスタム文化が海を渡り、名を変えて、形を変えて逆輸入されている昨今。その手法を真似することが“カッコイイ”とされているが、本来は『JDM』として真似されるべき文化のはずだ。そんな風潮に逆らうべく、大阪の轟自動車が作り上げたのが、この『V86』である。

 

搭載されたV8エンジンは5665ccのLS1。チューニングによって最高出力350ps/5600rpm、最大トルク48.4kgm/4400rpmを発揮する。

 

車名の“V8”が示すのは、移植したC5コルベットのLS1エンジン。アメリカンスポーツの象徴を心臓部としているが、決してUSシーンを真似た訳ではない。トヨタ86という最新の国産スポーツカーをベースに、轟自動車が理想とする“FRレーシングスペック”を創造するのに、最も適したパフォーマンスを有するのがLS1だった…というだけだ。

 

Jenvy社の8連スロットルは見た目にも強いインパクトを放つ。

 

換装したLS1エンジンには、Jenvy社の8連スロットルシステムをドッキング。EXマニはワイバーンがワンオフした4-1タイプで、45φのロングチューブ仕様だ。アダプトロニック社のフルコンで綿密に制御することで実測350ps&48kgmを発揮している。

 

ダッシュボードや内張りは純正だが、ペダル類やミッション付近などは完全に別物だ。

 

ミッションにはリッチモンドの6速Hパターンを採用。ミッションとEXマニの搭載スペースを確保するためにフロアトンネルは大胆にカットし、TRA京都によるワンオフのカーボン製ミッショントンネルで覆っている。なお、キャンディオレンジへの塗装はルッキングが担当。存在感を主張する油圧サイドブレーキはフラットウェル…と、関西の叡智が結集しているのだ。

 

レース用パーツ製作で知られるフラットウェルレーシング製のオルガンペダルキットを装備する。

 

オルガン式のペダルボックスもフラットウェルの製品で、ウィルウッドのマスターシリンダーと組み合わせて使用する。エンジンスワップでは、ブレーキやクラッチのマスターシリンダーとの干渉で悩まされるケースが多いが、その問題を一気に解決する策だ。

 

スタンスジャパンの2WAY車高調をインストール。スプリングはスウィフトだ。

 

足回りはスタンスジャパンの2WAY車高調を軸に構築。ヘビーなV8エンジンへの換装と、スタビライザーのレス化に合わせ、フロントは16kg/mmとハイレートスプリングを組む。

 

調整式アッパーマウントは本来キャンバー調整用だが、逆に組むことでキャスター調整に活用している。奥に見えるのはダンパーの別体式タンクだ。

 

また、ピロアッパーは左右逆に装着してハイキャスター化(全寝かし)し、キャンバー調整はフラットウェルのスーパーナックルのロワボールジョイントで行なう。

 

轟自動車オリジナルのフロントフェンダーは片側30mmワイドとなる。

 

フロントフェンダーは、轟自動車が『KMO』ブランドからリリースするオリジナルを装備。純正交換タイプとして装備しやすさも追求した片側30mmワイドの設計となる。フェンダーエクステンションの有無によって表情を変えられるのもポイントだ。

 

フェンダーエクステンション装着でダクトのような形状とすることも可能だ。

 

ホイールは18インチのワークエモーションD9Rで、前後とも10.5J+30。タイヤにはイーグルRSスポーツ(F215/40-18 R225/40-18)をセットする。フロントのキャンバー角はネガ8度前後に設定している。

 

ルーフスポイラーも轟自動車オリジナルのKMO。取り付けは両面テープでビスはダミー。

 

86用のリヤスポイラーはトランクに装着するのが主流だが、轟自動車はルーフ固定タイプを選択。映画『マッドマックス2』で主人公が駆る“インターセプター”の、ルーフスポイラーをイメージしながらデザインしたという力作だ。

 

フロントスポイラー:3万2000円(FRP)5万8000円(カーボン)/サイドスポイラー:4万円(FRP)6万3000円(カーボン)/リアアンダースポイラー:2万5000円(FRP)4万5000円(カーボン)/リヤディフューザーカウル:4万円(FRP)7万8000円(カーボン)

 

フロント/サイド/リヤの各スポイラーは、チャージスピードの『ボトムライン タイプ2』を選択。86本来のスタイリングを活かしつつ、車高の低さがアピールできるアンダースポイラータイプだ。リヤディフューザーも同シリーズのもので、純正バンパーがベースとは思えない迫力を生み出す。

 

 

ベタベタの低車高とV8スワップをはじめとした各部の本気の作り込みを魅力とし、各地のカーショーで存在感を見せつけてきた。そして、USDM系イベント『ウィークフェスト』ではグランプリを獲得。国産パーツで構成するV86だけに、間違いなく快挙だろう。今後はV8の本領を発揮させるべく、ショーカーからの脱却を図るという。ヴィジュアルイメージも刷新して迎えるセカンドシーズンに期待せざるを得ない。(PHOTO:南井浩孝)

 

●取材協力:轟自動車 大阪府柏原市国分市場2-9-17 TEL:072-944-0886

 

【関連リンク】

轟自動車

http://todoroki2222.com/