「色気が溢れすぎのZ31フェアレディZ登場!」玄人好みのメイキングが光るRB25DET換装のドリグリ仕様

心臓部はRB25DET+GT3037プロタービンで400馬力オーバー!

 

ナンバー付きの快適ハイチューン仕様として蘇ったZ31

 

1983年(昭和58年)にデビューした3代目フェアレディZ。時代の流れに合わせ、それまでのモデルよりラグジュアリー色の強いグランドツアラーとして世に送り出された。バブルに向かう時期だけに、豪華装備に加えてモデル設定も多く、エンジンだけを見ても、前期・後期を通してVG20ET、VG30ET、VG30DE、RB20DETというラインナップを誇ったのだ。

 

エアロパーツはアメリカ製の定番、カミナリブランドで統一。テールレンズには北米仕様のものを装備している。

 

ここで紹介するZ31は、後期型のワイドボディモデル、VG30DE(NA・AT)搭載のZXがベース。手がけたのは、東北の実力派チューニングショップ“ゼスティー”だ。オーナーはドリフト志向が強いため、ロールケージを組み込んでTバールーフモデルの弱点であるボディの剛性不足を根本から見直している。

 

換装されたRB25DETエンジンは、耐久性を十分考慮した400ps仕様とされている。

 

心臓部はチューニング適応度が低いVG30ETからRB25DETへと換装。東名パワードのピストンとポンカム、アクチュエーター式のGT3037プロタービンがセットされ、耐久性重視の400psオーバーで仕上げられている。

 

Vマウント化にともなってコアサポートを加工、違和感なく冷却系パーツを収めている。

 

ノーズの長いボディデザインを活かし、ラジエターとインタークーラーはVマウントで配置。当然エアコンも装備される。Z31はフロントの走行風の抜けが悪く、全てのクーリング機能を発揮させるためには、かなり考えてパーツレイアウトを構築しなければならない。その解決策がVマウントだったわけだ。

 

足回りにモダンなパーツを装着することで見た目にも古さを払拭している。

 

足回りは、エスコートオリジナルのオーリンズ車高調をベースに構築。軽量なボルクレーシングTE37V(F8.5J R10.5J)の隙間から覗く、エンドレスの6ポッドキャリパーシステムがヤル気を感じさせてくれる。

 

メインメーターには、高い精度と表示項目の多さから支持を集めたデフィのDSSCを装備する。

 

コクピットはデフィのマルチモニターDSSCで集中管理。純正のメーターを撤去し、メーターパネルを製作することで質感の高いインストールを実現している。

 

純正でボディ剛性が不足しがちなTバールーフ車だけに補強も抜かりなく行われる。

 

前後のタワーバーに加えて、サイドバー付き13点式ロールケージで剛強ボディを作る。Tバールーフ&ハッチバックという形状のZ31の場合、想像以上に負荷がかかるサーキット走行を繰り返していると、ダメージが蓄積してボディに歪みが発生してしまうケースもあるからだ。

 

ホールド性に欠ける上に、古さを拭いきれないデザインの純正シートからの変更は効果絶大。

 
ドライバーズシートはブリッドのフルバケット(カーボンシェルタイプ)、ナビシートにはレカロのリクライニング式をそれぞれ装備する。
 

 
弱点を克服しながら、トップチューナーの手により無駄のないツボを抑えたメイキングが施されたZ31。色気が溢れるシンプルなエクステリアまで含めて、まさに大人のチューンドと呼べる仕上がりだ。
 
●取材協力:ゼスティー TEL:022-396-0411