「R34スカイライン専門店が提案する大人のドリフト仕様」心臓部はD1GPスペックの500馬力オーバー仕様!?

目指したのは普段乗りできるアダルトなドリフトスペック!

 

500馬力オーバーを発生するRB25改2.6L+K27MOLタービン仕様

 

この4ドアのR34スカイラインは、毎年、富士スピードウェイでR34オンリーのイベントを開催しているスカイライン専門店“シャフトオートサービス”渋谷代表が、かつて製作した自身の愛車だ。大人っぽく乗れるドリフト仕様で、トラブルの心配もなく、それでいて性能も抜群、そんなワガママ(?)なコンセプトを形にしたものだという。

 

RB25DETの最終進化系であるNEO6エンジンをベースにチューニング。内部はGT-Rのパーツが奢られている。

 

エンジンは初期のD1GP参戦マシン(ブリッツER34)に使われていたパーツを一部譲ってもらい、新規で組み直したRB25改2.6L仕様だ。腰下はGT-R用のクランクとピストンを組み込み、ヘッドはNVCS(可変バルタイ機構)を活かしてセットアップ。

 

タービンは一世代前のK27MOJだがその性能は侮れない。ブースト圧1.5キロ時に580psを発生する。

 

組み合わせるタービンは往年のK27MOJで、最大ブースト1.5キロ時に500psオーバーを発揮する。重要なコンピュータにはVi-Pec(ヴィーペック)フルコンを採用している。

 

 

サージタンクはトラストのRB26用大容量タイプをセット。当然ながらポン付けとはいかず、スロットルの装着角度を変えて、ヒューズボックスも配線を見直した上で装着位置をズラすなど、その作業だけで数日かかってしまったとか。スロットルには定番のインフィニティ用90φをインストール。

 

 

一方の足回りは、ブリッツのZZ-Rダンパーを軸にセットアップ。標準設定ではスプリングが柔らかすぎたため、前後10kg/mmにレートアップしている。

 

3UPの切れ角アップナックルを組んで、角度のあるドリフトができるようセットアップ。タイヤはディレッツァZ1スタースペック。

 

ドリフトに重要な切れ角は、3UPの切れ角アップナックルを組んで深い角度に耐える足回りを構築。タイヤはディレッツァZ1スタースペックで、サイズはフロント235/40-18、リヤ275/35-18をチョイス。ホイールはワークのエモーションCR Kaiだ。

 

 

室内にはロールケージが組まれ、ブリッドのリクライニングバケットシートが装備されているが、街乗り仕様のため仕上げは非常にシンプルだ。ミッションにはOS技研のクロスが組まれている。

 

お気に入りのガンメタはR35GT-Rの純正色。エアロパーツの迫力を抑えつつ個性を主張するために選び抜いた色とのこと。

 

R35GT-Rのガンメタでオールペンされたエクステリアは、コンセプト通り大人な印象だ。フロントは後期フェイスにユーラスのGTリップをセット。この組み合わせが渋谷代表いわく「最強」とのこと。

 

ユーラスのワイドフェンダーを装着することで、ひとまわり太いタイヤも収められ、走行性能・ビジュアル共にアップ。ホイールはワークのエモーションCRKaiだ。

 

ボンネットはシャフトオリジナルのカーボンモデルを奢るが、一部塗装することで落ち着いた印象に仕上がっている。前後フェンダーはユーラスの製品だ。

 

 

なお、2020年の“R34祭り”は3月1日(日)に富士スピードウェイ(ドリフトコース)での開催が決定している。ドリフト走行やドレスアップコンテスト、ミーティングなど盛りだくさんのコンテンツが用意されているので、R34スカイライン好きの方は遊びに行ってみてはいかがだろうか。

 

●取材協力:シャフトオートサービス 東京都八王子市鑓水2129-1 TEL:042-677-3915

 

【関連リンク】

シャフトオートサービス

https://shaft-autoservice.co.jp/