「R35GT-Rで6.1chの音響空間を構築!」往年のアルパインF♯1ステータスを軸に誰もが羨む音質と迫力を実現

妥協のない作り込みで実現した迫力のLAサウンドスタイル!

 

イエローハットのオーディオ部門が手がけた大作!

 

デモカーながらその技術をアピールしすぎることなく“乗りたい”と思わせる作り込みで、誰もが憧れを抱くクールなカスタム。このR35GT-Rは22インチの“アメ鍛”が表すように、LAラグジーを意識したインストールが魅力だ。手がけたのはイエローハット横浜港南店。

 

ダッシュボードをはじめ、各部にバックスキンを貼り込んでいるが違和感は一切ない。

 

内装は、ダッシュボードからルーフライニングに至るまでバックスキンで張り替え、さらに天井にはオリジナルのLED照明をプラス。そこに、かつて一世を風味したアルパインF♯1ステータスとアメリカンオーディオブランドのキッカーを組み合わせることにより、ハイエンド6.1chサラウンドが構築される。

 

F♯1ステータスはDVDヘッドユニットとプロセッサーが核となる、ハイエンドオーディオシステムだ。これをインストールするにあたり、純正オーディオは不要となるわけだが、R35の場合、車両マネジメントシステムに組み込まれるためそうはいかない。そこで、センタークラスターのオーディオ&エアコン操作パネルをグローブボックスに移設し、空いたスペースにヘッドユニットをインストール。そこからプロセッサー、アンプ、そして6.1chスピーカーと、新規のオーディオシステムを組み込むという流れだ。細部を見ていこう。

 

●フロントセクション

 

純正のオーディオ&エアコン操作パネルはグローブボックス内に移設されている。

 

グローブボックスを開くと、純正のオーディオ&エアコン操作パネルが姿を現す。この移設によって、センタークラスターにまるで違和感なく2DIN分のオーディオユニットのインストールを実現。この移設の難易度は低いものではないが、形状的な無理がないため、R35オーディオカスタムの許容度の高さを示したと言える。

 

色分けによってより実サイズ以上の存在感を持つセンタースピーカー。

 
黒のバックスキンで張り替えたダッシュボード中央に、センタースピーカーがインストールされる。使用しているスピーカーサイズは13cm口径のものだ。
 

ドアスピーカーの周りも生地を張り込み純正から大きくイメージチェンジ。

 

フロントLRスピーカーは、ミッドベースをドアに、ツィーターをAピラーにマウントし、それぞれアンプの駆動チャンネルを分けた“マルチ方式”が採用される。さらに、フロントLRのみ16.5cm口径のミッドバスを使用し、運転席まわりに音の厚みを生み出しているのだ。

 

●リヤセクション

 

R35のリヤセンタースピーカーは、ボックスごと作り変えられている。

 

この車両は、BOSEサウンドシステム非搭載のベースグレード。シートバックセンターの純正リヤスピーカーを外し、リヤバルクヘッドの鉄板をカットして、25cmスクエアのサブウーファーとともにリヤセンタースピーカーも装備。キッカーのユニットデザインや、ルーフ照明とのデザインマッチングも考慮されている。

 

純正状態ではこの位置にはスピーカーは存在しないがLRチャンネルとして新規設定。

 

LRチャンネルは、リヤシート用のアームレスト部トリムを加工してマウントしている。

 

●アンプ&プロフェッサー

 

車載工具搭載スペースを拡大してプロセッサーを配置。魅せる搭載方法もポイントのひとつだ。

 

F♯1ステータスのマルチチャンネル化に必須となるプロセッサーは、助手席足元の車載工具収納スペースに搭載。なお、高度な演算能力で車室内の音場セッティングが可能だが、フロントスピーカーのマルチ駆動を採用したことによりプロセッサーのチャンネルが不足するため、プロセッサーはサラウンドデコーダーとしてのみ使用される。

 

パワーアンプのマウント方法とライティングにも作り手の拘りが詰まっている。

 

トランクの3枚のパワーアンプはライティングの妙によって、浮いているように見せるレイアウトを採用。キッカーSXシリーズアンプは、32ビットのデジタルプロセッサーを内蔵しており、精細なサウンドコントロールも可能だ。

 

コントロールユニットはドライバーシートからすぐ手の届く位置にセット。

 

このR35GT-Rは、SXアンプのプロセッサーによって音場セッティングが行われていて、そのリモートコントローラーはフロントのサングラスホルダーに収納されている。細部にまで拘ったカスタムオーディオメイク、流石である。

 

●取材協力:イエローハット横浜港南店 神奈川県横浜市港南区野庭町49-2 TEL:045−840−0222

 

【関連リンク】

イエローハット

http://www.yellowhat.jp/