「これがZ33だと!?」日本車離れした色気を漂わせる独創のシルエット!

フェアレディZをベースに全く新しいシルエットを創出

 

カスタムの領域を超越したオリジナリティの塊

 

都会においても比類なきステイタス性を保ち、それでいて痛快なドライビングプレジャーを提供してくれる性能。この正体不明のクーペは、スポーツカーとして高い資質を持つZ33をベースにカスタマイズ…というよりも、全く新しいクルマを創造するつもりでアブフラッグが、クライアントからの依頼によって開発した力作だ。

 

純正の面影を感じさせるのはルーフラインのみ。ぱっと見ではZ33とは思えない仕上がりだ。

 

極限までオリジナリティを追求するというのは、一歩間違えればノーマル以下の駄作へと転じてしまう危険性をはらんでいる。しかし、実際にモデリング作業を行ったアブフラッグの上保氏は、高度なテクニックを駆使することで、各部に破綻をきたすことなく新しいイメージを作り上げることに成功している。細部を見ていく。

 

ヘッドライトユニットは完全オリジナルで製作された。

 

車両のイメージを大きく左右するヘッドライトは完全なオリジナルデザインを採用。「新しいイメージを構築するためには、特徴的すぎるZ33のライトユニットは障壁でしたからね」と上保氏。ヨーロピアンテイストのバンパー開口部とともに、このマシンの印象を方向付けている。

 

プレスラインを新たに設定し、Z33ベースとは思えない個性的なイメージに再構築。

 

リヤフェンダーとテールゲートの繋がりは、非常に特徴的なラインを描く。また、全長がフロント側で約70mm、リヤ側で約200mmほど延長されたことによって、伸びやかなサイドビューを演出している点も見逃せない。

 

テールランプからフェンダーにかけてのラインも実に自然で美しい。テールにはボクスター用を使っている。

 

ボリューム感溢れる前後フェンダーはフロントが約45mm、リヤが約75mmのワイド仕様だ。フェンダーラインの頂点をどこに設定するかなど、ジックリと検討することによってバランスの良いフォルムを作り上げている。

 

ホイールはレアマイスター改。タイヤはダンロップSPスポーツ(F245/35-19 R275/35-19)をセットする。

 

落ち着いたデザインのホイールは19インチのレアマイスター改(F8.5J R9.5J)。リムエンドまで伸びた12スポークデザインが足元に高級感を与えている。

 

独創的に仕上げられたシルエット。実物を目にすると、とてもZ33ベースとは思えない迫力だ。

 

走る姿はとても美しく、その佇まいはもはや異国のスーパースポーツのごとく。細部まで妥協を許さない、アブフラッグのデザインポリシーと高い技術力が生み出した超絶カスタム。流石である。

 

●取材協力:アブフラッグ 静岡県御殿場市保土沢1157-881 TEL:0550-88-8238

 

【関連リンク】

アブフラッグ

https://abflug.jp/index.html