「200マイルを通過点にするBNR32最高速スペシャル!」900馬力の強心臓に注がれたチューナーの夢と決意

時速326キロで痛恨のマシントラブル発生!

 

谷田部高速周回路に取り憑かれた男の挑戦

 

フェニックスパワー横山氏が胸に秘めた『オーバー345km/h』という、長年の夢を叶えるために育て上げられた最高速専用機。それがこのフルチューンBNR32だ。

 

舞台はワーカム北海道(高速周回路)のバンク。現在は、いすゞの北海道試験場となっている。

 

「当時、バンクに命を賭けていたチューナーの想いを、今の若いユーザーに少しでも伝えたくて…。ドリフトやサーキットが主流のチューニング界ですが、僕にとっては今でも谷田部に端を発する“最高速”が全てなんです」。見つめる先にある最高速仕様のボンネットを開ける。シンプルなエクステリアとは対照的に、己の存在を主張するように光り輝くエンジンルームが顔を出した。

 

ローコストもテーマのひとつであるため、腰下は東名H断面コンロッドの導入にとどめ、ピストンおよびクランクは純正ベースの強化モデルを使用。

 

ブロック強度を落とさないためにシリンダーボーリングを避け、あえてホーニングにとどめた2.6L仕様。ムービングパーツはコンロッドに東名H断面を導入した程度で、あとは純正加工品を使用する。

 

美しく製作された900psオーバーのRB26DETT。

 

そこに、0-300km/h時代に愛用していたハイブースト対応のフルチューンヘッドをセットした上、11.5リフトのハイカム、Q45スロットル、JUNサージタンクという強力トリオで限界まで流入空気量を稼ぎ、ビッグシングルタービンを回し切るわけだ。

 

タービンは国内最大級の風量を誇るT88-38GKをセット。

 

セットするタービンはT88の38GK(18cm2)。この国内最大級の風量を誇るタービンにブースト2.2キロをかけて実測で920psを発生させる。ノーマルピストン&クランクということを考慮すると、もはや常軌を逸した数値といえる。

 

制御はオーソドックスなROMチューン。「高度や気象条件に左右されず出力を安定発揮させることができる」というエアフロ制御の利点を買っての選択。

 

制御にはエアフロレスのF-CON Vプロ制御ではなく、Z32エアフロにネココーポレーションのデータチェンジャーを組み合わせる伝統のROMチューンを採用。谷田部時代から『エアフロ制御』に拘る横山氏らしい選択だ。

 

必要最小限の装備以外はすべて除去されたスパルタンなコクピット。

 

スパルタンなコクピット。ミッションにはホリンジャー6速シーケンシャルを採用する。3.6ファイナルとの組み合わせにより、6速8600rpmで目標値345km/hに到達するようセッティングされている。

 

足回りも最高速専用のスペックが与えられている。

 

ホイールはBBSのLM-R(DSK-P/FR9.5J)で、タイヤはアドバンスポーツ(FR245/35-19)をセットしている。

 

バンパーはワンオフ。フロントのダウンフォース増強を狙ってアンダー部にはパネルが設置されている。

 

ボディやサスメンバーの応力集中箇所には補強がほどこされ、サスは高速周回路用にセッティングされたアラゴスタダンパーとメルヴェレーシングスプリング(F14kg/mm R10kg/mm)をセット。アーム&ブッシュ類はノーマルだ。また、空力を味方につけるべくフロントバンパーは専用開発し、アンダーパネルも設置。

 

ワーカム北海道のバンクに挑むBNR32。

 

ステージは日本最北の地にそびえたつ1周4km弱の高速周回路“ワーカム北海道(現:いすゞ北海道試験場)”。絶対的金字塔への期待が膨らむ中でのアタックとなったが、残念なことに結果は326.04km/hで痛恨のエンジントラブル発生。現場で復旧するのは不可能と判断した横山氏は「オーバーヒートしてガスケットが抜けてしまいましたね」と肩を落とした。

 

今回の最高速テストでドライバーを務めたのは、レーシングドライバー新田守男氏。

 

ちなみに、アタックを担当した新田守男選手は「エンジン特性はかなりの高回転型なんだけど、6000rpm以降のパワーフィールは凄まじいの一言。足はリバンプ側の減衰力が弱いと感じたけど、許容できるレベル。良くできたマシンだよ。で、アタック1周目のバンクを300km/hで旋回できたから、覚悟を決めてストレートでアクセルをベタ踏みにしたんだ。そしたら、突然パワー感が無くなっちゃって…。せめてストレートエンドまで持てば、横山さんの夢は叶えられたと思うんだけどなぁ」とコメント。

 

飾り気のないシンプルなルックスでまとめられた最高速仕様のBNR32。

 

「恥ずかしい結果ですみません。笑ってください」。傷ついた愛機を見つめながらの横山氏。もちろん現場で笑う人間などひとりもいなかった。あたりまえだ。夢に向かって挑戦し、そして破れた人間を誰が責めるというのか。この敗北は未来への糧であって、決して恥ずかしいものなどではない。そう、フェニックスパワーの挑戦は、ここからまたはじまるのだ。

 

●取材協力:フェニックスパワー京都店:京都府久世郡久御山町佐古外屋敷37-2 TEL:0774-48-1157

 

【関連リンク】

フェニックスパワー

http://www.phoenixs.co.jp