「オートサロンは400Rも熱かった!」GRスープラも真っ青のチューンドスカイライン4選【東京オートサロン2020】

公開日 : 2020/01/29 06:30 最終更新日 : 2020/01/29 06:30


GRスープラなどに負けてはいられぬ!

 

スカイライン伝説は400Rが引き継ぐ!

 

GRスープラの発売から遅れること5ヶ月、スカイラインのトップグレードとして登場した400R。チューニング業界での注目度も非常に高く、東京オートサロン2020では10台近い出展が確認できた。そこでここでは、WEB OPTIONが注目した4台のチューンド400Rを紹介していく。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日産自動車

400R SPRINT CONCEPT

 

 

400Rの生みの親である日産が手がけたカスタマイズモデルがこちら。フロントとサイド、リヤに装着される専用エアロはダウンフォース拡大とドラッグの低減を果たす本格派。エアロパーツはマットブラック仕上げとすることで存在感をアピール。蛍光グリーンのアクセントを追加しているのもお洒落だ。実はこのカラー、東京オートサロン2019に展示されたジュークと同じ配色だったりする。

 

 

大型ダクトやディフューザーを配したリヤバンパーひとつ見ても、機能面にも配慮したエアロであることが分かる。ボディサイドの「20」の後に2と小さく添えられているのは、20の2乗で400(R)という意味があるそうだ。

 

 
ウイングのデザインもシャープで先鋭的。それでいて抜群の一体感を醸し出しているあたりは、さすがメーカークオリティだ。
 

 

その他、レイズの鍛造20インチホイールやレカロのバケットシートも装備し、400Rに相応しい走りのエッセンスを注入。なお、これらのエアロパーツは反響次第では市販化される可能性もあるというから楽しみだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BUSOU

SKYLINE 400R

 

 

アダルトスポーティな一面をシンプルに高め上げたBUSOUの400R。一体感に配慮しつつ、グリル下まで大胆にカバーリングしたハーフスポイラーが精悍さを大幅にアップ。その一方でシンプルなアンダースポイラー形状のボトムを、フロントからサイド、そしてリヤへと繋げることでトータルバランスを高めている。その完成度の高さが認められ、東京国際カスタムカーコンテスト2020ではセダン部門で見事に優秀賞を受賞した。

 

 

開発当初はフリッパーデザインのボトムのみで取り組んでいたが、フェイスのワイド感に欠けると判断してハーフスポイラーを投入したとか。スポイラーにはLEDチューブも仕込まれる。

 

 

シンプルなフラットボトム形状を採用するサイドステップがクルマのまとまり感を高める。ホイールはボルクレーシングTE37ウルトラの20インチをセットする。

 

 
リヤアンダーとリヤサイドのピース構成としたリヤセクションは、純正ディフューザーをアシストするようにデザイン。小ぶりだが立体感あるフォルムなので、塗り分けなどのアレンジも楽しめそうだ。今後は、インテリアやライティング類のカスタムへ着手していくとのことなので、BUSOUの動向には注目していきたい。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BLITZ

BLITZ SKYLINE 400R

 

 

ER34スカイラインでD1グランプリを駆け抜けたインパクトは非常に大きく、いまだに4ドアスカイライン=ブリッツと結びつけるユーザーは少なくない。そうしたファンの想いに応えるべく、ブリッツは400Rの速攻チューニングを敢行した。

 

 

オリジナルのエアロキットの他、吸排気チューンや車高調までも開発し、400Rのファーストステップメニューを提案。今後はターボチューンを軸にしながら、400Rの可能性を追求していくとのことなので期待したい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VARIS

MAGNUM OPUS SKYLINE 400R

 

 
日本を代表するエアロパーツメーカー“バリス”のハイエンドブランドでもあるマグナムオーパス。最高傑作を意味するネーミングに相応しいクオリティを与えた、400R対応の本格エアロシステムがこちら。
 

 
純正ラインを活かしつつ躍動感を与えるデザインは、見た目のみならず機能性にまで十分に配慮。フロントリップ、サイドステップ、リヤアンダーの他、クーリングボンネットまでラインナップする。400Rらしさを引き上げる大人のためのエアロシステムだ。




関連ニュース