「足回りのスペシャリスト集団“クスコ”がドリフトシーンに殴り込み!?」ラリーのノウハウを全投入したドリフト専用パーツが凄すぎる!【東京オートサロン2020】

ナックル一体式のフロントアームが注目の的!

 

リヤアーム類も調整幅が見直され、車高調もドリフトスペックがスタンバイ!

 

モータースポーツへの積極的な参戦で得られたデータをフィードバックし、様々な車種に向けてパフォーマンスを高めるためのパーツを開発し続けているクスコが、ドリフト専用のサスペンションパーツ一式を発表した。

 

「近年はドリフトも競技として認められてきているので、うちも世界を見据えて開発していこうとなったんですよ」とは、市販開発課長の恵美さん。注目はシルビア用に開発された競技ドリフト専用のフロントサスペンションシステムだ。

 

 

 

これは、ロアアーム、トーコントロールアーム、テンションロッド、タイロッド、アップライトが一体となったフロントサスのコンプリートシステムで、ロールセンターやトレール、キングピンオフセットなどを最適化しつつドリフトに重要な切れ角を大幅にアップすることが可能という、とんでもないシロモノ。

 

 

 

超軽量かつ高強度を実現するため、アルミビレット削り出しのアップライトとロアアームを採用。ロアアームには切れすぎによる“逆関節”現象を防止するための調整式ストッパーが標準装備となる。

 

 

タイロッドのアップライト接続部分には、シムによって位置関係が調整できる機構が採用されているため、キメ細かな切れ角調整が可能となる。

 

 

「ラリーでもそうですが、競技パーツにおいて共通部品というのはかなりのメリットになるので、部品の共用化にはかなり気を使ってますね」と、アップライトは左右共通部品となる。なお、ハブベアリングは純正を使用する設計のため、純正の車速センサー等を流用することができる。

 

 

車高調は、セミオーダー式となっているクスコスポーツTN_Rをベースに最適化。ドリフトというハードステージでの使用に適した大径ピストンと単筒ショックアブソーバーを採用。セッティングの自由度を高めるために伸縮独立の減衰力調整も可能としている。なお、ドリフト特有の低車高やリヤポジキャン仕様に対応するべく、専用のアジャストケースが新設計されている。

 

 

さらに、フロントアッパーアーム、リヤアッパーアーム(フロント側)、リヤアッパーアーム(リヤ側)、リヤトーコントロールロッドも従来品とは異なるドリフト専用品がスタンバイ! キャンバーを起こしてトラクション性能を高めるセッティング傾向にある近年の競技ドリフトに合わせ、ターンバックルでの調整範囲が見直されているそうだ。

 

東京オートサロン2020で展示されていたのは、S13やS14、S15といったシルビア系のサスペンションパーツだったが、ドリフトシーンで人気が高いマークIIやチェイサー等のJZX100用も開発予定車種に名を連ねている。今後は実走テストを繰り返しながら製品の完成度を高めていき、タイミングを見計らって市販化するとのことだから期待したい。

 

●取材協力:キャロッセ TEL:027-352-3578

 

【関連リンク】

 

CUSCO

https://www.cusco.co.jp/